東桜島村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひがしさくらじまむら
東桜島村
Sakurajima buried torii.jpg
大正大噴火により埋没した鳥居
廃止日 1950年10月1日
廃止理由 編入合併
伊敷村東桜島村鹿児島市
現在の自治体 鹿児島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
鹿児島郡
面積 44.81km²
総人口 4,980
(1950年4月1日)
隣接自治体 西桜島村肝属郡垂水町、牛根村
東桜島村役場
所在地 鹿児島県鹿児島郡東桜島村大字湯之515番地[1]
Location of Higashisakurajima, Kagoshima, Japan.svg
東桜島村の位置図(1950年時点)
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

東桜島村(ひがしさくらじまむら)は、鹿児島湾(錦江湾)内の桜島東部にあった1950年10月1日鹿児島市に編入された。

概要[編集]

桜島の東半分に位置していた。湯之、有村、黒神、高免、古里、野尻、持木、瀬戸、脇の9つの大字から構成されており、現在の東桜島町有村町黒神町高免町古里町野尻町持木町にあたる。

歴史[編集]

江戸時代は薩摩藩外城「桜島」(1784年以降は桜島郷)の一部。廃藩置県までは大隅国大隅郡に属していた。

  • 1887年 - 大隅郡が分割され、桜島地域は北大隅郡に属す。
  • 1889年4月1日 - 町村制施行に伴い、北大隅郡有村、脇村、瀬戸村、黒神村、高免村、古里村、湯之村、野尻村の区域より北大隅郡東桜島村が成立。
    • 桜島郷の残りの地域は西桜島村として発足。1973年に町制施行し桜島町となり、2004年に鹿児島市に編入された。
  • 1896年4月1日 - 北大隅郡が鹿児島郡と統合され、鹿児島郡東桜島村となる。
  • 1950年10月1日 - 鹿児島市へ編入(この際湯之が東桜島町と改称された)[2]

地域[編集]

教育[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鹿児島県市町村勢要覧 昭和25年度』p.19 - 鹿児島県総務部統計調査課 1961年
  2. ^ Wikisource reference 昭和25年10月17日総理府告示第301号. 市村の廃置分合 (昭和25年総理府告示第301号). - ウィキソース. 

参考文献[編集]

  • 鹿児島県総務部参事室編『鹿児島県市町村変遷史』 鹿児島県、1967年(1950年4月1日現在の人口・面積は202 - 203頁に記載)

関連項目[編集]