東標津信号場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
東標津信号場
ひがししべつ
Higashi-shibetsu
中標津 (5.5km)
(2.6km) 上武佐
所在地 北海道標津郡標津村
所属事業者 運輸省鉄道総局(廃止時)
所属路線 標津線
キロ程 52.6km(標茶起点)
駅構造 地上
開業年月日 1944年(昭和19年)5月1日
廃止年月日 1945年(昭和20年)11月2日
テンプレートを表示

東標津信号場(ひがししべつしんごうじょう)は、かつて第二次世界大戦末期の一時期に北海道標津郡標津村(現・中標津町)にあった、当時の運輸通信省/運輸省鉄道総局(国有鉄道標津線信号場である。

概要[編集]

旧海軍標津第一飛行場(現在の中標津空港)へ分岐する、主に標津港から陸揚げされた建設資材、軍用資材の運搬用引込み線(軍用線)のために設けられた。終戦とともに役割を終え、引込み線を含め全て撤去された。

歴史[編集]

現在の状況[編集]

引込み線跡のほとんどが、道路に転用されている。(北六号俵橋-空港線、北海道道774号川北中標津線

隣の駅[編集]

運輸省鉄道総局(廃止時)
標津線
中標津駅 - (東標津信号場) - 上武佐駅