東武 (スーパーマーケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社 東武
TOBU.logo.JPG
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
086-1146
北海道標津郡中標津町南町3-10
北緯43度32分11秒 東経144度58分40秒 / 北緯43.53639度 東経144.97778度 / 43.53639; 144.97778座標: 北緯43度32分11秒 東経144度58分40秒 / 北緯43.53639度 東経144.97778度 / 43.53639; 144.97778
設立 1969年2月4日
業種 小売業
法人番号 4462501000156 ウィキデータを編集
事業内容 小売業
代表者 千葉武司(代表取締役社長)
資本金 3,800万円
売上高

 単体32億円(2018年度実績)

 連結57億円(2018年度実績)北見市の東武イーストモールを含む
従業員数 270名
決算期 1月
主要子会社 東北海道トラベル[1]
関係する人物 千葉正治(創業者)
外部リンク http://www.kk-to-bu.co.jp
テンプレートを表示

東武(とうぶ)は、北海道標津郡中標津町にある企業。この項目では、ショッピングセンターの「東武サウスヒルズ」についても記載している。

概要[編集]

1969年昭和44年)に設立し、道東の中標津町と北見市においてスーパーマーケットを展開している[2]。地域密着や他社との差別化による独自化路線を押し進んでいる[2]シンボルマークは、ひらがなの「と」を左向きのハトにデザインしたものである[要出典]ローカルヒーロー「TOBUレンジャーギガルス」がいる[3]。最高売上高は1996年、端野店(北見市)に出店した2号店と併せて115億円であったが、2018年にはその半数である57億円にまで落ち込んでいるのが現状。その要因としては近年中標津町を含む道東地方には大手住宅メーカーの大和ハウス工業の子会社である大和リースによって全国展開されている商業施設フレスポが進出し、施設内では若者に人気なABCマートユニクロといったファンションブランドの他、DCMホーマックダイソーツルハなどに加えアークス (北海道の企業)グループのビッグハウスなどが入店しており施設内でほとんどの生活必需品が買えること、また同じくアークスグループのフクハラ生活協同組合コープさっぽろといった有名店などが相次ぎオープンしたことにより東武サウスヒルズ店、東武イーストモール店の売上が年々減少しており、それ以前、中標津を含む近郊市町村での食品を買うと言えば東武という人がほとんどであったが他店を選べるようになり唯一の地元スーパーとしての生き残りに必至である。また釧路市と中標津間の道路再整備によって短時間で行けるため釧路市内及び釧路町のイオンなどへ足を運ぶ人が増えていること、インターネットの普及により手軽に取り寄せできるネットショッピング人口が増えたことが売上減少の要因と考えられる。

沿革[編集]

「ショッピングセンター東武」は中標津町の旧国道沿い(東5条北1丁目)に立地していたが、郊外となる国道272号バイパス道路沿いへの移転計画時から中心街の路線価の下落に拍車が掛かり[4][5]、移転後は中標津町の商圏に影響を与えた[6][7]。なお、跡地には福原が進出して「フクハラ中標津店」をオープンした[8]

店舗[編集]

東武サウスヒルズ[編集]

東武サウスヒルズ
TOBU SOUTH HILLS
Tobu south hills.jpg
施設外観(2008年8月)
店舗概要
所在地 086-1146
北海道標津郡中標津町南町3-10
開業日 2005年7月1日
施設所有者 東武
施設管理者 東武
商業施設面積 19,998m²[16]
営業時間 8:30 - 22:30(直営)
9:00 - 21:00(専門店)
9:00 - 22:00(飲食店)
駐車台数 1,600台
外部リンク 東武サウスヒルズ中標津店
テンプレートを表示

テナント

アクセス[編集]

国道272号沿いに位置しており、町立中標津病院に近接している。沿道には「フレスポ中標津」などのロードサイド店舗が立地している[17]

東武イーストモール[編集]

東武イーストモール

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ハートフルツアー 東北海道トラベル”. 2017年10月6日閲覧。
  2. ^ a b c 【特集】 北の大地で独自化に挑む「株式会社東武」”. フードくるむ vol.18. 2017年10月6日閲覧。
  3. ^ TOBUレンジャーギガルス”. 東武. 2017年1月6日閲覧。
  4. ^ 管内の最高路線価*8年連続、中標津東6北1*下落率11.5% 95年以降最大*東武移転計画響く”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2004年8月2日). 2017年10月6日閲覧。
  5. ^ 公示地価*止まらぬ下落 釧根も*地元は打つ手に苦慮*中標津・商業地*東武移転で空洞化*根室中心部*商店撤退相次ぐ”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2006年3月24日). 2017年10月6日閲覧。
  6. ^ <変わる中標津商圏>上*進出*バイパスが“生活道路”に”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2005年12月6日). 2017年10月6日閲覧。
  7. ^ <変わる中標津商圏>下*格差*中心市街地 進む空洞化”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2005年12月8日). 2017年10月6日閲覧。
  8. ^ フクハラ開店 買い物客行列”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2008年4月27日). 2017年10月6日閲覧。
  9. ^ 会社概要”. 東武. 2002年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月6日閲覧。
  10. ^ a b 東武端野店きょうオープン*「店員一丸で頑張ろう」*しゅん工式で決意新た*市商連は迎え撃つ動き”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1995年9月22日). 2017年10月6日閲覧。
  11. ^ 東武端野店*品数拡大 5日新装開店*スーパーセンター*扱い12万品目”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年7月2日). 2017年10月6日閲覧。
  12. ^ 東武*24時間スーパーセンター*端野に道内初開業”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年7月5日). 2017年10月6日閲覧。
  13. ^ 初の「24時間スーパー」*東武端野店が新装開店”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年7月6日). 2017年10月6日閲覧。
  14. ^ 大型スーパー中標津に開店*根室管内最大”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2005年7月1日). 2017年10月6日閲覧。
  15. ^ 中標津の東武サウスヒルズ開店*歓迎と不安 交錯*買い物客 満足顔*ワンフロア広い通路*車いすの人も快適に”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2005年7月2日). 2017年10月6日閲覧。
  16. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会. 2017年10月6日閲覧。
  17. ^ 中標津町があつい!”. 北海道ファンマガジン (2005年6月30日). 2017年1月6日閲覧。