東洋囲碁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東洋囲碁(とうよういご)はインターネットによる囲碁の対局場。2004年に韓国棋院棋士曺薫絃李昌鎬劉昌赫などの呼びかけに応じて、東洋グループ、中央日報、DACOMなどによって設立された。日本における設立当時の名称はタイゼムTygem)であったが、2008年7月に東洋囲碁に名称が変更された。

サービスの母体となる会社は東洋オンライン社であるが、日本向けのサービスの運営はUtoPlanetに代行されている[1]

韓国、日本中国向けのサイトがある。対局システムの他に、ネット碁による棋戦、囲碁講座、その他各種のイベントを運営している。日本語版ではかつて関西棋院公式ネット「関棋ネット」も運営していた。

主なサービス[編集]

ネット対局[編集]

無料と有料の会員制度がある。無料会員と有料の正会員では、国際対局の閲覧などで利用できるサービスに差がある[2]

  • 懸賞対局
プロ棋士など高段者の対局で、観戦者が勝敗予想して、ポイントを懸賞として賭けることができる制度。LG杯など、国際棋戦の対局中継で行われる場合もある。

ネット棋戦[編集]

  • 東洋生命杯タイゼム囲碁オープン戦
韓国、日本、中国のプロ棋士の3人一組16チームによる対抗戦
  • 東洋総合金融証券杯
    • 第2回までは「タイゼム王中王戦」として、予選を勝ち抜いた韓国、日本、中国3カ国の計32名のプロ棋士よるトーナメント戦
    • 第3回は「日韓中3カ国対抗戦」として、予選を勝ち抜いた韓国、日本、中国3カ国の各5名のプロ棋士よるトーナメント戦
  • 日韓スター棋士対抗戦
日韓32人のプロ棋士によるトーナメント。第1期は日本勢が優勝した。
1978年から2002年の第24回まで行われていた学生囲碁名人戦を、東洋囲碁にて再開したもの。2008年から2010年まで行われた。

関棋ネット[編集]

関西棋院棋士による囲碁教室、指導碁、棋譜診断、棋士の対局のLIVE中継などを行っていたが、2019年現在はサービスを休止している。

出典[編集]

  1. ^ 東洋囲碁 特定商品取引法に基づく表記”. 2019年1月6日閲覧。
  2. ^ 東洋囲碁 会員登録のご案内”. 2019年1月6日閲覧。