東洋宮武が覗いた時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東洋宮武が覗いた時代
監督 すずきじゅんいち
製作総指揮 鈴木隆一
上利浩二
出演者 アーチー・ミヤタケ
タケコ・ミヤタケ
音楽 喜多郎
撮影 小渕将史
本間秀幸
編集 水原徹
配給 日本の旗 フィルム・ボイス
公開 日本の旗 2009年4月
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

東洋宮武が覗いた時代』(とうようみやたけがのぞいたじだい)は、2008年製作のすずきじゅんいち企画・監督による日・米合作ドキュメンタリー映画である。

概要[編集]

第二次世界大戦中に強制収容所日系アメリカ人を撮り続けた日系人カメラマン、宮武東洋の生涯を描いたドキュメンタリー映画。

東洋は、収容所で禁じられたレンズを隠し持ち、手製のカメラを作って、収容所で暮らす日系人たちの日常生活を撮影した。

東洋と親交があったアンセル・アダムスエドワード・ウェストンの作品も登場し東洋がカメラと共に生き、戦った生涯を、彼が遺した写真を通して、スクリーンに写し出す。