東洋製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
株式会社東洋製作所
TOYO ENGINEERING WORKS, LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 6443
2013年11月26日上場廃止
略称 東洋、東作
本社所在地 日本の旗 日本
242-0001
神奈川県大和市下鶴間1634
設立 1952年2月16日
業種 機械
事業内容 エンジニアリング事業、機器事業
代表者 黒川 英樹(代表取締役社長)
資本金 23億34百万円
売上高 単体:199億44百万円
連結:201億11百万円
(2013年3月期)
純資産 単体:113億51百万円
連結:114億31百万円
(2013年3月)
総資産 単体:246億50百万円
連結:247億58百万円
(2013年3月)
従業員数 単体:616人
連結:711人
(2013年3月)
決算期 3月31日
主要株主 三菱重工業
(2015年3月)
関係する人物 佐竹義利(元社長)
テンプレートを表示

株式会社東洋製作所(とうようせいさくしょ、TOYO ENGINEERING WORKS, LTD.)は、かつて存在した冷熱・環境エンジニアリングシステムの設計・施工及び保守サービスや、冷凍空調装置の製造・販売を行っていた企業。

「冷熱エンジニアリングの高度利用」を目的に、三菱重工業株式会社と日本冷蔵株式会社(現在の株式会社ニチレイ)の共同出資で、1952年に設立される。比較的大形の機器設備を手がけ、個人ユーザー向けの事業展開はあまり見られなかった。略称は「東洋」「東作(とうさく)」など。本社は神奈川県大和市に置いていた。

2015年7月1日に、三菱重工冷熱株式会社に吸収合併され、解散した。

概説[編集]

日本での冷熱空調業界では老舗。空調機では、「東洋エアハンドリングユニット」、「RE除湿機」などがシリーズ化されている。また、愛知博覧会(2005年)のメインラボ「マンモス展示室」に自然冷媒を使用した冷却設備を納めている。

事業所[編集]

  • 大和本社 神奈川県大和市下鶴間1634
  • 東京本店 東京都大田区仲池上2-10-1
  • 関西支社 大阪市淀川区野中北1-5-21
    • 北海道支店 札幌市白石区中央1条7-10-31
    • 東北支店 仙台市宮城野区苦竹2-7-20
    • 中部支店 名古屋市西区中小田井4丁目175番地
    • 九州支店 福岡市博多区豊1-1-12
  • 研究所・工場
    • 大和研究所(大和本社内)
    • 大和工場(大和本社内)

沿革[編集]

  • 1952年 東京都中央区明石町に株式会社東洋製作所を設立。同年、本店を東京都品川区東品川に移転。
  • 1962年 東京証券取引所2部上場。神奈川県大和市に大和工場を新設。
  • 2012年 本店を神奈川県大和市に移転。
  • 2013年 筆頭株主の三菱重工業が完全子会社化をめざし株式公開買付けを実施し、96.35%の株式を取得。いわゆる二段階買収により11月29日をもって三菱重工業の完全子会社となる(東京証券取引所2部上場廃止)。
  • 2015年 7月1日をもって親会社である三菱重工業のグループ会社、三菱重工冷熱株式会社に吸収合併された。

関連会社[編集]

  • 国内
    • 株式会社トーマス(大和本社内)
    • 東洋エキスパート株式会社(大和本社内)