東洋高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東洋高等学校
東洋高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人東洋高等学校
校訓 自律・共生
設立年月日 1904年
創立者 杉浦鋼太郎
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進選抜コース
特進コース
総合進学コース
学期 2学期制
高校コード 13514D
所在地 101-0061
東京都千代田区神田三崎町1-4-16
北緯35度42分4.97秒 東経139度45分21.5秒 / 北緯35.7013806度 東経139.755972度 / 35.7013806; 139.755972座標: 北緯35度42分4.97秒 東経139度45分21.5秒 / 北緯35.7013806度 東経139.755972度 / 35.7013806; 139.755972
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
東洋高等学校の位置(東京都区部および多摩地域内)
東洋高等学校

東洋高等学校(とうようこうとうがっこう)は、東京都千代田区神田三崎町に位置する私立高等学校1904年創設以来男子校であったが、2001年度から共学化された。

教育方針[編集]

校訓は自律・共生。この校訓には誰の支配を受けることなく自らを律して、自身の目標に向かって計画的に努力を重ね、他者とのかかわりの中で目標を達成できるような人間になってほしい、という教員の願いが込められている。また、教育方針は学び合い、助け合い、高め合いの実践(学·助·高·実)である。

沿革[編集]

  • 1904年 - 杉浦鋼太郎氏により東洋商業専門学校として創立
  • 1906年 - 文部省令に基づき甲種商業学校として設立認可 東洋商業学校創立
  • 1931年 - 財団法人組織となり、夜間部を第二本科として認可
  • 1948年 - 六三制により商業高等学校として発足 全日制·定時制を併置
  • 1951年 - 学校法人組織となる
  • 1956年 - 創立50周年記念式典を挙行
  • 1965年 - 創立60周年記念式典を挙行
  • 1971年 - 普通科を設置
  • 1972年 - 学校名を東洋高等学校(法人名を東商学園)と改称
  • 1976年 - 創立70周年記念式典を挙行
  • 1982年 - 創立80周年記念式典を挙行
  • 1993年 - コース制開始
  • 1996年 - 創立90周年記念式典を挙行
  • 2001年 - 共学化(特進・ICコース)、二期制導入、水道橋新校舎落成
  • 2002年 - 全コース共学化
  • 2006年 - 創立100周年記念式典挙行
  • 2009年 - 特進選抜・特進・総合進学の3コース制開始
  • 2012年 - 法人名を「東商学園」から「東洋高等学校」と改称

設備[編集]

校舎がビルのため校庭はない。体育祭は第2駒沢競技場で行われる。

生徒用のエレベーターは2基、教師用は1基。

1~8階の移動用階段は2箇所ある(F階段・G階段) 地下2階から1階までは吹き抜けの階段を使うことになる(A階段)。

また、JR線路側の窓は嵌め殺しのため開かない。

  • 地下2階 - 体育館(地下2~地下1階)・トレーニングルーム・男子更衣室・女子更衣室
  • 地下1階 - 小体育館・柔道場
  • 1階 - エントランスホール・運動場(ピロティ
  • 2階 - カフェテリア・音楽室・オリエントホール(2~3階)
  • 3階 - 図書館
  • 4階 - 図書館メディアコーナー・職員室・講師室・応接室・創設者杉浦鋼太郎氏の像
  • 5~7階 - 教室(基本1年5階、2年6階、3年7階。但し、1つの階で1つの学年が収まらない場合は教室の空いている階へクラス単位で移る。)
  • 8階 - 情報教室・理科室・家庭科室
  • 9~12階 - 東洋ビルとしてテナントとして貸し出され、通り抜け不可
  • 13階(屋上) - 屋上運動場(エレベーターでのみ移動可能)

震災等の避難については基本上の階から順となる。生徒数が1000人を越えるため、避難に最短でも30分はかかる。また、避難には基本階段を使う。

学校行事[編集]

  • 4月 前期始業式入学式、開校記念日、オリエンテーション合宿(1年)、スタディサポート、健康診断、進研模試(3年)、新入生歓迎会、保護者会(2・3年)
  • 5月 前期到達度試験・大学・専門学校説明会、保護者会(1年)
  • 6月 前期中間試験、体育祭、公開授業
  • 7月 三者面談、歌舞伎鑑賞教室(1年)、夏期講習、生徒会役員選挙、進研模試
  • 8月 各部夏期合宿、夏期講習(3ターム制)、ポートランドホームステイ
  • 9月 スタディサポート(1・2年)ベネッセ・駿台模試(3年)、避難訓練、前期期末試験、公開授業、生徒総会(放送)、センター試験説明会(3年)、前期終業式、球技大会
  • 10月 後期始業式、学校説明会、東洋祭(学園祭)(1・2年)、ベネッセ・駿台模試(3年)
  • 11月 保護者会(1・2年)、スピーチコンテスト、進研模試(1・2年)、面談週間(3年)、進路説明会(2年)、ベネッセ・駿台模試(3年)
  • 12月 後期中間試験、センター直前講習(3年)、校祖記念日、芸術鑑賞教室(1・2年)
  • 1月 進研模試(1·2年)、バスケットボール大会(1・2年)、センター試験、推薦入試
  • 2月 一般入学試験、後期期末試験、センタープレテスト(2年)
  • 3月 研修(修学)旅行(2年)オーストラリア·沖縄、卒業式、後期終業式、合唱コンクール(1年)、春期特別授業


  • 高校生活の中で、全学年がそろって行う行事は体育祭と球技大会のみである(人数の関係上、体育館などに全生徒を集められないため。)
  • また数年に一度、卒業生総会(全卒業生同窓会)が行われる。

授業・コース[編集]

  • 特進選抜[1]コース(特選)

入学時から「難関国公立大学に合格する」という共通の目標を持った学習意欲の高い生徒が集まるコース。

平成29年度現役卒業生[2]の主な進学先大学は、秋田大学、電気通信大学、東京工業大学、信州大学、京都教育大学、山梨大学、横浜国立大学、鳴門教育大学、金沢大学、千葉大学、北海道教育大学、首都大学東京、静岡県立大学、熊本県立大学、諏訪東京理科大学、Comenius University、Santa Monica College、早稲田大学、慶應義塾大学、東京理科大学などである。

  • 特進[3]コース(特進)

私立大学を中心に、受験に必要な科目にポイントを絞りながら大学進学を目指すコース。

平成29年度現役卒業生[4]の主な進学大学先は、防衛医科大学校、早稲田大学、上智大学、東京理科大学、学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学などである。

  • 総合進学[5]コース(総進)

指定校制推薦やAO入試など、さまざまな入試制度の活用も視野に入れながら大学進学を目指すコース。

平成29年度現役卒業生[6]の主な進学先大学は、東京理科大学、学習院大学、青山学院大学、成城大学、成蹊大学、武蔵大学、明治学院大学、日本女子大学、順天堂大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、東京電機大学、工学院大学、國學院大學、亜細亜大学、跡見学園女子大学、桜美林大学、大妻女子大学、共立女子大学、神田外語大学、京都美術工芸大学、国士舘大学、駒沢女子大学、実践女子大学、昭和女子大学、百合女子大学、清泉女子大学、創価大学、大正大学、玉川大学、千葉工業大学、獨協大学、帝京大学、帝京科学大学、帝京平成大学、桐蔭横浜大学、東海大学、東京医科大学などである。

  • 総合進学コースは指定校推薦の枠を優先して使うことができる。
  • 体育の授業は基本的に狭いピロティで行われるフットサル、体育館で行われるバスケットボールドッジボールバレーボール卓球などである。
  • 1年次に柔道・家庭科、2年次に情報科・政治経済、3年次に特進選抜・特進は倫理、総合進学コースは現代社会の授業が行われる。
  • 1年次に文理選択・教科選択を行い、2年次よりカリキュラムが分かれる。
  • 1年次には国語の授業で現代文を取り扱わず、古文・漢文を取り扱う。
  • 1年次テストにおいて基本、コース別に内容が変わることはない。ただし、総合進学コースにおいては他コースと違う問題を取り扱うこともある。(2年次からはコースごとに異なる場合が多い)
  • 2年次からはコースごとにテスト内容が変わることが頻繁に起こる。
  • 1年次より英単語のターゲット1400を取り扱う。2年からはターゲット1900を取り扱うことになる(予定)。
  • 2017年度入学者よりタブレット授業が導入されつつある。
  • 芸術分野においては音楽を取り扱う。
  • 8時25分までに登校しなければ遅刻になる。その後、8時25分~8時35分は朝読書の時間(水曜日は朝の論語の時間というものがあったが2018年度より廃止された)。8時45分より50分授業10分休憩(12時35分~1時20分まで昼休み。基本この時間に昼食をとる。)で6時間授業となる(土曜は4時間)。
  • 模試は進研模試をメインに扱う。
  • 不定期で総合の時間に教頭による「考えるヒント」というものが入る。

課外活動[編集]

生徒会[編集]

生徒会執行部の他に、予算案などの評議を行う生徒評議会議長団がある(生徒会の役員とは別役員)。生徒会執行部の任期は8月1日~来年度の7月31日。 また月に1度、生徒評議会議長団・学級委員長・副委員長・各委員会委員長・部長・同好会長を召集して「評議会」が行われる。評議会ではイベントにおける連絡事項の伝達や生徒会補欠選挙・評議会議長団選挙・委員会等の取り組みの公表・宣伝が行われる。

委員会[編集]

  • 図書委員会
  • 放送委員会
  • 新聞委員会
  • 視聴覚委員会
  • 整美委員会
  • 体育委員会
  • 保健委員会
  • 東洋祭実行委員会
  • 選挙管理委員会

部活動[編集]

交通[編集]

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]