東海テレビ制作昼ドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ドラマ
テレビ
Portal: テレビ
Portal: ラジオ
Portal: ドラマ
一覧項目
テレビドラマ一覧
日本のテレビドラマ
中国のテレビドラマ
アメリカのテレビドラマ
カテゴリ
テレビドラマ
ラジオドラマ
  

東海テレビ制作昼ドラマ(とうかいテレビせいさくひるドラマ)は、東海テレビが制作し、フジテレビ系列28局で、平日13:30 - 14:00(JST)に放送されている昼の帯ドラマシリーズ枠について記述する。

制作元の東海テレビと一部局[1]では、ワンセグ地上デジタル放送などでは番組名が『THKドラマ○○○○』と表記され[2]、番組名の後に#○○と話数やサブタイトルが表記される局もある。また、東海テレビの公式資料・公式会見・公式ウェブサイトでは『昼の帯ドラマ[3][4][5]、『昼の連続ドラマ[5][6][7]、通称である『昼ドラ[3][5]の表現が用いられることもある。

目次

概要

  • FNN系列では、2000年より平日昼に全国ネットでの情報番組を設けていない為[11]、大規模な災害や記者会見、裁判など大きなニュースがある場合は報道特別番組の放送を事前に設定し、その日の回は休止せず、14時以降に繰り下げて放送する場合がある[12]
  • ドラマのシーンでは、筆頭スポンサーであるP&Gの製品が置かれている場面が数多く見受けられる。

沿革

  • 放送開始から数年は著名作家の円地文子井上靖などの原作を基にした文芸ドラマが人気であり[13]、1970年代後半以降では『あかんたれ』や『ぬかるみの女』など花登筺の浪花根性ドラマがヒットしたり[13]、1960年代〜1980年代前半頃までNHK連続テレビ小説読売朝の連続ドラマのように、ある人物の一代記や成功記を描いた作品を数多く制作してきた。
  • 番組開始から1976年3月の『満天の星』までは13:30 - 13:45までの15分間番組だったが、1976年4月の『三日月情話』から15分拡大し現在の時間帯になる。
  • 1960年代に「日日の背信」のような昼メロ路線[14]の内容が少数制作されていたが、1986年に放送された『愛の嵐』から欧米の古典小説を翻案した大河ロマンが支持を得て[13]、同枠の代名詞とも言われた愛欲・愛憎ドロドロ劇ドロドロ愛憎劇というカテゴリーが認知され、『愛の嵐』『華の嵐』『夏の嵐』のいわゆる嵐三部作がヒットし、放送枠自体が"グランドロマン"とも呼ばれた。その流れを受け、1990年代後半からは中島丈博らによるドロドロ愛憎劇が幅広い世代に受け入れられ[13]、2000年代には『真珠夫人』、『牡丹と薔薇』、『冬の輪舞』といった愛憎劇をテーマにした作品が主婦層を中心に社会現象になる程の話題に発展した。また、『真珠夫人』『牡丹と薔薇』『冬の輪舞』は金曜エンタテイメントで特別編が放送された[15]
  • 1989年7月~10月放送の 『夏の嵐』から、当時まだ珍しかったステレオ放送を開始。
  • 夏期の内容に関して、かつては小・中学生が夏休み期間と重なり在宅して見ていることを考慮した作品が少なく、2001年・2003年・2004年の7〜9月期のにおいてホームドラマの『はるちゃん』『貫太ですッ!』『女医・優〜青空クリニック〜』を放送した程度であった。以降、2005年~2008年の7〜9月期はドロドロ愛憎劇路線に戻った。しかし、2009年春期以降改革案(後述)が実施されたことで夏休みを考慮した路線が復活し、2009年は6〜8月期と時期が1か月前倒しになり、サスペンス要素を備えた純愛モノの『夏の秘密』が放送され、2010年は7〜8月期の2か月作品とし、本枠として初めて少年・少女の人間模様を描いた[4]明日の光をつかめ』を放送した。
  • 2006年1月~3月放送の 『新・風のロンド』から ハイビジョン制作連動データ放送開始。
  • 本枠の平均視聴率(関東地区)は1988年の『華の嵐』が10.8%を記録したのを最後に、その後は4〜9%台に終始する作品が20年以上継続中だったことから改革必至の事情となっていたため、2007年から本枠の昼ドラ改革案を練り上げていった[13]
  • 2008年3月31日 - 同年6月27日放送の『花衣夢衣』からオープニング映像を廃止[16]。キャスト・スタッフのクレジットは作品名バック・提供後の本編の続きより、右下からスクロールで表示している[17]
  • 2009年改編から「改革・挑戦・冒険」を掲げた[4]改革案が実施となり、1983年10月から2009年4月3日まで1作品3か月固定だった放送期間が、2009年4月6日開始の『エゴイスト 〜egoist〜』から1作品2か月作品(主に「スピード感を生かすテーマ」[5])が年3本、3か月作品(主に「じっくりと味わう大河系の作品」[5])が年2本の体制になったり[13]、「企画はもっと冒険していきたい」という東海テレビ制作局東京制作部の意図からドロドロ愛憎劇以外にも発想の幅を広く取り、『夏の秘密』『嵐がくれたもの』『Xmasの奇蹟』『インディゴの夜』『明日の光をつかめ』といった様々なジャンルのドラマを制作して、昼ドラ文化の存在意義を強調する方針としている[13]

放送作品一覧

1960年代

1970年代

1980年代

1990年代

2000年代

2010年代

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 他に岩手めんこいテレビ福島テレビ長野放送テレビ愛媛でも表記される。
  2. ^ テレビ長崎は『THK連続ドラマ○○○○』と表記。以前は関西テレビでも同様の表記が行われていた。
  3. ^ a b 会員限定:昼ドラ45周年記念クリアファイルプレゼント - 東海テレビ 昼ドラ倶楽部 2009年8月25日
    FAQ / Q7:東京支社ではどんな業務をしているのでしょうか?(東海テレビ採用2011)
  4. ^ a b c 明日の光をつかめ|トピックス
  5. ^ a b c d e 東海テレビ放送 社長記者会見 2009年3月11日PDF
    東海テレビ放送 社長記者会見 2010年3月10日PDF
  6. ^ 会社案内(東海テレビ採用2011)
  7. ^ a b 制作局 東京制作部(東海テレビ採用2011)
  8. ^ フジ系列の最終回放映は同年4月2日。
  9. ^ 山形県ではさくらんぼテレビが開局する1997年4月1日までの3年間、他系列(日本テレビ系列山形放送TBS系列テレビユー山形)にも遅れネットされなかった。
  10. ^ 一時期テレビ朝日系列とのクロスネット局だった時期あり
  11. ^ かっては『3時のあなた』など14時・15時台に情報番組があったが、2000年に全国ネットでの昼の情報番組の放送は取り止めている。
  12. ^ 前枠の『ライオンのごきげんよう』とセットで繰り下げて放送する場合もある。また、以前プロ野球日本シリーズがデーゲームで行われた時代、フジ系列で試合が中継された日は同様に夕方もしくは深夜に繰り下げて放送されていた。
  13. ^ a b c d e f g エゴイスト:メリハリつけ企画で冒険 東海テレビ昼ドラ45周年--6日からフジ系 (日本語). 毎日jp・毎日新聞東京夕刊 (2009年4月2日). 2009年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月31日閲覧。
  14. ^ 東海テレビ制作「昼帯ドラマ」リスト
  15. ^ フジテレビと共同制作
  16. ^ それ以降の作品では唯一、2010年1月5日 - 同年4月2日放送の『インディゴの夜』のみ復活した。
  17. ^ 2010年9月6日 ‐ 放送の『天使の代理人』ではスクロールではなく、フェードインおよびフェードアウトで表示している。

関連項目

今日は何の日(5月23日

もっと見る

「東海テレビ制作昼ドラマ」のQ&A