東海フラッシュニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東海フラッシュニュース』(とうかいフラッシュニュース)は、東海テレビで放送された中日新聞制作協力のローカルニュース番組である。

概要[編集]

FNN東海テレニュースの前番組である。

「TOKAI FLASH NEWS」のロゴが並べられた青色の背景の上に「東海フラッシュニュース」ロゴを表示する静止画。その後スポンサーの表示画面(これも静止画)へ移る。EDは「終」表示を加えたタイトルと下方にスポンサーを表示した静止画。提供つきでも音楽は10秒きっちり流れた。 スポンサーがない場合は、EDは白い正方形の中の明朝体の「終」表示を加えたタイトルの下を表示した静止画。 なおこの当時はキャスターが画面に登場せずニュース項目の字幕スーパーが表示されたり、静止画で事件現場のポイントが地図上に落とされ被害者・被疑者の氏名が被されるのみでVTRが割愛されることが頻繁にあった。

1985年10月-1991年[編集]

地球から東海テレビのマークを形成する3DCG。テーマ曲は、シンセサイザーを使ったものに変更された。「FNN東海テレニュース」「東海フラッシュニュース FNN」「中日新聞テレビ日曜夕刊 FNN」(日曜夕刊だけ例外的に15秒)共通仕様。 5秒EDはブルーバックで、10秒EDで提供つきの場合はEDはすべて無音で5秒提供+5秒ブルーバックEDになる。 (逆に提供つき10秒OPの場合は5秒OP+ブルーバック無音5秒提供) 「東海フラッシュニュース FNN」は提供つきの場合5秒OP+5秒提供になる。

1991年頃-1993年[編集]

OPはそのままだがエンディングの音楽とCG変更。この時期から5分間スポットニュースも「東海フラッシュニュース FNN」から「FNN東海テレニュース」に統合された。(ただし過渡期の頃はEDクレジットの変更が追いつかなかったのかOPがFNN東海テレニュースでEDが東海フラッシュニュース FNNだったこともあった模様) 「中日新聞テレビ日曜夕刊 FNN」用はまったく別系統になる。 提供と一体でない5秒EDはブルーバック無音ではなくなる。 (10秒と同じく新規に作成された) 次番組はFNN東海テレニュース

放送時間[編集]

  • 月曜日 - 日曜日 20:54 - 21:00

関連項目[編集]