東海交通機械

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東海交通機械株式会社
Tokai Rolling Stock & Machinery Co., Ltd.
Shin Sasashima Building 20160820.jpg
本社が入居する新笹島ビル(2016年8月)
種類 株式会社
略称 CKK
本社所在地 日本の旗 日本
450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南一丁目23番27号 新笹島ビル
北緯35度10分0.5秒
東経136度53分10秒
座標: 北緯35度10分0.5秒 東経136度53分10秒
設立 1976年昭和51年)3月4日
(浜松交通機械株式会社)
業種 輸送用機器
法人番号 1180001031521 ウィキデータを編集
事業内容 車両事業・機械事業
代表者 代表取締役社長 小松 宣之
資本金 8,000万円
売上高 223億円(2013年度)
純利益 8億4000万円(2020年03月31日時点)[1]
純資産 98億3700万円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 207億1300万円(2020年03月31日時点)[1]
従業員数 1,171人(2013年10月現在)
主要株主 東海旅客鉄道 88.4%
日本車輌製造
外部リンク 公式ウェブサイト(日本語)
テンプレートを表示

東海交通機械株式会社(とうかいこうつうきかい、: Tokai Rolling Stock & Machinery Co., Ltd.)は、愛知県に本社を置く東海旅客鉄道(JR東海)の子会社連結子会社[2]

概要[編集]

新幹線在来線車両の改良及びメンテナンス、機械関係(空調・昇降設備等)設計・施工・メンテナンス等を行っている。エリア内の駅等の昇降設備のメンテナンス、ICカードシステム(EX-ICシステム、TOICAシステム)等のソフト開発、管理も手掛けている。

組織・業務内容[編集]

車両事業部[編集]

車両部品の修繕・整備・補修を担当している。

浜松事業所

浜松工場内で、新幹線車両の側窓やドア、空調装置のメンテナンスを担当[3]

名古屋事業所

名古屋工場内で、在来線車両の部品メンテナンスや内燃機関の検修を担当[3]

浜松製作所

N700系の客室照明、在来線車両の客室照明や配電盤の設計・製造を担当[3][4]。改造工事も請け負っている[3]

機械事業部[編集]

エレベーターやエスカレーター、ホームドアなどの駅設備の保守や、車両基地にある検修設備の保守を担当している[5][6]

沿革[編集]

労働組合[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 「新幹線を支える匠の技 東海交通機械株式会社」『新幹線エクスプローラ』第17号、イカロス出版、2010年12月、 43 - 47頁。