東海大学付属札幌高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東海大学付属札幌高等学校
東海大学付属札幌高等学校
過去の名称 東海大学第四高等学校
東海大学付属第四高等学校・中等部
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人東海大学
設立年月日 1964年4月
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科(23学級)
学科内専門コース 特進コース
総合進学コース
学期 2学期制
高校コード 01519K
所在地 005-8602

北緯42度59分22.1秒 東経141度19分21.2秒 / 北緯42.989472度 東経141.322556度 / 42.989472; 141.322556座標: 北緯42度59分22.1秒 東経141度19分21.2秒 / 北緯42.989472度 東経141.322556度 / 42.989472; 141.322556
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
東海大学付属札幌高等学校の位置(北海道内)
東海大学付属札幌高等学校

東海大学付属札幌高等学校(とうかいだいがくふぞくさっぽろこうとうがっこう)は、北海道札幌市南区南沢5条1丁目1番1号にある私立高等学校東海大学付属校であり、東海大学札幌キャンパスが隣接している。現在の略称は「東海大札幌(とうかいだいさっぽろ)」・「東海札幌(とうかいさっぽろ)」であり、以前の略称は「東海大四(とうかいだいよん)」・「東海大四高(とうかいだいよんこう)」。

概要[編集]

特色[編集]

生徒数は929人、教職員数は45人、事務職員数は5人である[1]

所在地[編集]

校舎が小高い山に位置するため、豊平川側方向から登校するには、少々長めの階段を登ることになる。

階段自体にはロードヒーティングが整備されている為、冬季間は常時通行可能。 しかし、降雪した深夜・早朝、降雪した量によっては融雪機能に影響するので、多少歩きにくくなることがある。

林と斜面に囲まれているため、降雨による土砂などの流出物、秋季の落葉で路上が汚くなるが、付近住民の方が掃除してくれたり、生徒による校外清掃でごみ拾いが行われる。

階段中部付近には当校のテニスコート、下部付近には生徒専用の自転車駐輪場がある。 駐輪場は他所にも有るが、利用は当所が一番多い。

学校としては指折りの広さを持つ体育館を有する。東海大学の札幌キャンパスに隣接しており、渡り廊下から繋がっている。

大学側付近にはじょうてつバスのバス停『東海大学前』が有り、真駒内駅まで運行されている。

東海大学付属第四高等学校・中等部(移転前の校舎)

沿革[編集]

  • 1964年 - 東海大学第四高等学校開校[2]
  • 1986年 - 東海大学第四高等学校付属中等部開校。
  • 2004年 - 東海大学付属第四高等学校、東海大学付属第四高等学校中等部に校名変更。
  • 2014年 - 東海大学付属第四高等学校中等部生徒募集停止[3]
  • 2016年4月1日 - 東海大学付属札幌高等学校に校名変更、北海道札幌市南区南沢517から北海道札幌市南区南沢5条1丁目1番1号に移転[4]

部活動[編集]

概要[編集]

  • 運動部
    • 野球部
    • サッカー部
    • 男子柔道部
    • 女子柔道部
    • 剣道部
    • 陸上競技部
    • スキー部
    • 男子バレーボール部
    • 女子バレーボール部
    • 男子バスケットボール部
    • 女子バスケットボール部
    • テニス部
    • 男子バドミントン部
    • 女子バドミントン部
  • 文化部
    • ディベート部
    • 吹奏楽部
    • 茶道部
    • 美術部
    • 演劇部
    • 家庭科部
    • 軽音楽部
    • 漫画研究部
    • 英語研究部
    • 科学部
    • ダンス部
    • 新聞局
    • 図書局
    • 放送局
    • ボランティア同好会
    • eスポーツ同好会

特筆される成績[編集]

主な著名人[編集]

スキー[編集]

野球[編集]

バスケットボール[編集]

  • 山根謙二 - 埼玉ブロンコス
  • 細野真 - ジャパンエナジー→アイシン精機→愛知機械工業→新潟アルビレックスBB
  • 柏木真介 - 新潟アルビレックスBB(日本代表
  • 宮永雄太 - 東芝ブレイブサンダース→リンク栃木ブレックス→千葉ジェッツ→富山グラウジーズ
  • 斉藤恵一 - 宮田自動車→仙台89ers→イカイグループ
  • 菅原洋介 - サンノゼ・スカイロケッツ→レラカムイ北海道→琉球ゴールデンキングス→静岡ジムラッツ→琉球ゴールデンキングス→大阪エヴェッサ→群馬クレインサンダーズ→滋賀レイクスターズ→兵庫県警察警察官
  • 野口大介 - 渋谷サンロッカーズ
  • 阿部佑宇 - パナソニックトライアンズ→和歌山トライアンズ
  • 小松秀平 - 新潟アルビレックスBB→バンビシャス奈良→佐賀バルーナーズ
  • 三澤貴弘 - 静岡ジムラッツ→富山グラウジーズ→静岡ジムラッツ→新潟アルビレックスBB→埼玉ブロンコス
  • 大塚裕土 - TGI D-RISE→宮崎シャイニングサンズ→秋田ノーザンハピネッツ→日立サンロッカーズ東京・渋谷→富山グラウジーズ→川崎ブレイブサンダース
  • 西川貴之 - レバンガ北海道→シーホース三河→三遠ネオフェニックス
  • 須田侑太郎 - アルバルク東京
  • 佐藤卓磨 - 滋賀レイクスターズ
  • 内田旦人 - レバンガ北海道
  • 関野剛平 - レバンガ北海道→渋谷サンロッカーズ

バレーボール[編集]

柔道[編集]

  • 浅利昌哉 - ALSOK(66kg級世界ジュニア大会優勝)
  • 須貝等 - 新日本製鉄(95kg級世界大会優勝)
  • 滝吉直樹 - 新日本製鉄(95kg超級世界学生大会優勝)
  • 小野幸司 - 東海大(アジア大会60kg級2位)

剣道[編集]

  • 栄花直輝(剣道家)- 北海道警察(2000年世界選手権大会個人優勝)
  • 若生大輔(剣道家)- 北海道警察(2009年世界選手権大会個人ベスト8)
  • 安藤翔(剣道家)- 北海道警察(2018年世界選手権大会個人優勝)

その他[編集]

不祥事[編集]

野球部に於ける暴力不祥事[編集]

  • 2005年9月16日 - 9月16日、監督や部員による部内の暴力事件を理由に、本校側から参加中の秋季北海道高校野球大会への出場を辞退すると申し出た。暴力事件は6月から8月にかけて3件(2年生部員が1年生部員を部室で10発程度殴打、野球部OBが1年生部員の胸を足で押し倒した、監督が2年生部員を平手で2回殴打)。本校は当該大会ですでに札幌地区大会を勝ち抜き、10月3日からの全道大会に出場予定だった[5]
  • 2019年11月26日 - 11月26日、日本学生野球協会は悪質な部員の部内暴力(2年生部員が1年生部員に椅子を投げつける威嚇行為や胸を蹴る、押し倒す、突き飛ばすなどの暴力が11月13日に判明[6])があった本校野球部を11月13日から3か月、対外試合禁止とした[7]

脚注[編集]

  1. ^ 北海道私立中学高等学校協会(私学ナビ)”. 2020年9月1日閲覧。
  2. ^ [1]による。
  3. ^ 東海大学付属第四高等学校中等部の生徒募集について2013年5月29日)による。
  4. ^ 校名変更についてのお知らせ-東海大学付属第四高等学校2015年4月13日)による。
  5. ^ 東海大四が暴力事件で出場辞退 秋季北海道高校野球”. asahi.com 2005年09月16日. 2020年7月28日閲覧。
  6. ^ 下半身露出「一発芸」を強要…高校野球処分の詳細”. 日刊スポーツ 2019年11月26日19時3分. 2020年7月28日閲覧。
  7. ^ 東海大札幌は対外試合禁止 学生野球審査室会議”. サンケイスポーツ 2019.11.26 17:18. 2020年7月28日閲覧。

関連項目[編集]