東海大学大学院海洋学研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

海洋学研究科(かいようがくけんきゅうか、英称The Graduate School of Marine Science & Technology)は、静岡県静岡市清水区にキャンパスを構える東海大学の大学院の1つ。日本の大学院の研究科のうち、海洋学の高度な教育研究を行う機構の1つである。

概要[編集]

1967年に、東海大学大学院の研究科の1つとして開設。本研究科は、海洋工学専攻、水産学専攻、海洋科学専攻そして海洋生物科学専攻の4専攻の修士課程を設置。さらに、海洋研究所傘下に(地震予知研究センター、海洋生物センター、水族生態研究センター)3センターを配置し、海洋調査研修船「望星丸」、小型船舶調査船、臨海実験所、各種実験場を擁して研究活動を展開している。博士課程は、同じ清水キャンパス内にある、総合理工学研究科地球環境科学研究科、そして生物科学研究科の各専攻に進むことで連続した教育・研究環境体制が整うよう構築されている。 また、東海大学社会教育センターの東海大学海洋科学博物館東海大学自然史博物館が近隣に所在している。

沿革[編集]

  • 1967年4月 - 本研究科開設。海洋工学専攻と海洋資源学専攻の2専攻を設置。
  • 1974年4月 - 海洋科学専攻(海洋物理学、海洋化学)を新設。
  • 1992年4月 - 海洋生物科学専攻を新設。併せて海洋資源学専攻を水産学専攻へ名称の変更。
  • 1999年4月 - 独立行政法人海洋研究開発機構と連携大学院を開設。
  • 2008年10月 - 静岡大学静岡県立大学と三大学間で、大学院連携教育を目的に、単位互換・学術交流協定を締結。
  • 2015年4月 - 4専攻(海洋工学専攻、水産学専攻、海洋科学専攻、海洋生物科学専攻)の学生募集を停止。
  • 2015年4月 - 海洋学専攻(海洋人間圏分野、海洋生命圏分野、海洋地球圏分野)を設置。

関連項目[編集]