東海新宝出入口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東海新宝出入口
入口
入口
所属路線 名古屋高速4号東海線
IC番号 407[1],417[1]
本線標識の表記 東海新宝
接続する一般道 愛知県道55号名古屋半田線
供用開始日 2011年11月19日
通行台数 817台/日(2014年度)
所在地 476-0005
愛知県東海市新宝町
テンプレートを表示

東海新宝出入口(とうかいしんぽうでいりぐち)は、愛知県東海市新宝町にある名古屋高速4号東海線出入口である。

概要[編集]

都心環状線方面への入口と同方面からの出口のみを持つハーフインターチェンジである。環状2号(名古屋環状2号線国道302号)から4号東海線を利用する場合は当出入口を利用する必要がある[1]

南行きの場合、当出口で流出することなく、そのまま本線を直進すると、東海JCTにて西知多産業道路知多方面と伊勢湾岸自動車道に直通する[1]。後者の場合は料金体系が変更となる[2][3]

路線[編集]

料金所[編集]

料金所
入口
  • レーン数:2[4]
    • ETC専用:1
    • 一般:1

歴史[編集]

利用台数[編集]

名古屋市統計年鑑による利用台数の推移

2011年(平成23年)度 14228台[6]
2012年(平成24年)度 37165台[6]
2013年(平成25年)度 118234台[7]

接続する道路[編集]

周辺[編集]

[編集]

名古屋高速4号東海線
(406/416)船見出入口 - (407/417)東海新宝出入口 - 東海料金所 - (7-1)東海JCT

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『名古屋高速道路案内地図 Access Guide Map』名古屋高速道路公社経営企画部、平成27年6月版 および裏面の「名古屋高速道路案内図」(入口番号、路線名、距離、出入口構造と方向等を記載)
  2. ^ 高速道路簡易料金表” (日本語). 中日本高速道路. 2016年1月17日閲覧。
  3. ^ 料金・営業案内” (日本語). 名古屋高速道路公社. 2016年1月17日閲覧。
  4. ^ ETC対応料金所一覧” (日本語). 名古屋高速. 2016年1月17日閲覧。
  5. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, pp. 142.
  6. ^ a b 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2014年9月22日). “平成25年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数 Page white excel.png (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。
  7. ^ 名古屋市総務局企画部統計課統計係 (2015年3月24日). “平成25年版名古屋市統計年鑑 11.運輸・通信 11-14.名古屋高速道路の車種別、料金所別利用台数 Page white excel.png (XLS)” (日本語). 名古屋市. 2015年9月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 『名古屋高速道路公社四十年史』、2012年。 
  • 『名古屋高速道路ミニマップ』名古屋高速道路公社経営企画部、平成27年6月版(電子版でも閲覧可能[1]
  • 『名古屋高速道路案内地図 Access Guide Map』名古屋高速道路公社経営企画部、平成27年6月版

関連項目[編集]