東海桜花賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東海桜花賞
開催国 日本の旗 日本
主催者 愛知県競馬組合
競馬場 名古屋競馬場
創設 1961年4月29日
2019年の情報
距離 ダート1400m
格付け SPI
賞金 1着賞金500万円
出走条件 サラ系4歳以上オープン
全国地方交流
負担重量 定量
出典 [1]
テンプレートを表示

東海桜花賞(とうかいおうかしょう)は、愛知県競馬組合が施行する地方競馬重賞競走SPI)である。かつて、中京競馬場の芝コースで行われていた時期もあった。1999年よりかきつばた記念のトライアル競走となっている。

副賞は全国公営競馬主催者協議会会長賞、トータリーゼータエンジニアリング賞、愛知県競馬組合管理者賞、開催執務委員長賞(2019年)[2]

概要[編集]

1961年創設。長らく東海地区所属馬(愛知笠松)限定競走であった。前年の1960年には東海菊花賞も創設されている。

創設当初は名古屋競馬場のダート2400mで行われたが(第1回のみ2500m)、1970年10月に中京競馬場に芝コースが新設されると翌1971年からは基本的に中京競馬場の芝2000mで行われるようになった。ただし1974年1976年1982年中央競馬厩務員労働組合ストライキの影響などで、1993年は馬場改修工事のため中京競馬場が使用できず名古屋競馬場のダート2400m(1993年のみ2500m)で行われた。

平成に入って公営中京競馬の芝重賞が次々とダートに変更されたり廃止されていく中、本競走と中日スポーツ杯駿蹄賞は最後まで芝の重賞として残っていたが、1995年を最後に公営中京競馬のゴールデンウィーク開催が消滅し[注 1]、それに伴って東海桜花賞も名古屋競馬場のダート1900mへ条件が変更された。

1998年には地方競馬全国交流競走となるが、翌1999年ダートグレード競走としてかきつばた記念が新設され[注 2]、ゴールデンウィーク開催に設定されると東海桜花賞は再び東海地区限定競走となり、開催が約1ヶ月早まって4月開催となり距離も1400mに短縮されてかきつばた記念のトライアル競走となった。

その後、2002年に東海・北陸近畿地区交流競走となり2006年は西日本地区交流、2007年からは東海・北陸・近畿・中国地区交流競走として行われている。2013年福山競馬場の廃止により中国地区に競馬場がなくなったため、東海・北陸・近畿地区交流競走となった。2018年より全国交流競走となり、他地区交流馬出走枠を4頭から5頭に変更する。

条件・賞金等(2019年)[編集]

出走条件
サラブレッド系4歳以上、全国地方交流。他地区所属馬の出走枠は5頭以下と定められている。
負担重量
定量。
賞金額
1着500万円、2着140万円、3着80万円、4着50万円、5着30万円、着外5万円[1]
優先出走権付与
優勝馬にかきつばた記念の優先出走権が付与される。

歴代優勝馬[編集]

馬齢は2000年以前についても現表記を用いる。

コース種別を記載していない距離は、ダートコースを表す。

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1961年4月29日 名古屋 2500m ウインスター 牡6 2:45.5 木村鶴男
第2回 1962年5月3日 名古屋 2400m キングフオスター 牡5 2:40.2 神部幸夫 神部幸夫
第3回 1963年4月29日 名古屋 2400m ダイコージ 牡4 2:37.6 白井善治
第4回 1964年5月3日 名古屋 2400m バンダル 牡4 2:37.0 大橋憲
第5回 1965年5月3日 名古屋 2400m マルマンセンター 牡5 愛知 2:40.8 青山功 栗田実
第6回 1966年5月1日 名古屋 2400m シヤチノオーザ 牡4 2:37.6 市川安一
第7回 1967年4月30日 名古屋 2400m パール 牡4 笠松 2:35.3 山島昇 大橋憲
第8回 1968年5月5日 名古屋 2400m シヤインメイジ 牡6 愛知 2:36.1 白井善治 斎藤六郎
第9回 1969年5月5日 名古屋 2400m チヤンピオンハイ 牡4 愛知 2:38.7 白井善治 斎藤六郎
第10回 1970年5月9日 名古屋 2400m ステートキング 牡5 2:36.7 白井善治
第11回 1971年5月9日 中京 芝2000m アサボシ 牡5 2:05.8 白井善治
第12回 1972年5月7日 中京 芝2000m ウエルデイ 牡5 愛知 2:00.8 伊藤光雄
第13回 1973年5月6日 中京 芝2000m ニユーカイモン 牡4 愛知 2:02.3 内村寛司 大薮憲三
第14回 1974年4月28日 名古屋 2400m ゴールドイーグル 牡4 愛知 2:35.5 山田義男 野島三喜雄
第15回 1975年4月27日 名古屋 2400m ケンセダン 牡4 愛知 2:34.8 富田光吉 木村鶴雄
第16回 1976年5月9日 名古屋 2400m シナノピストン 牡5 愛知 2:33.6 池田優 安達小八
第17回 1977年5月8日 中京 芝2000m ハヤヒーロー 牡5 愛知 2:03.9 原口次夫 山田彦助
第18回 1978年5月7日 中京 芝2000m ムサシタチハタ 牡4 愛知 2:03.2 坂本敏美 松村勇
第19回 1979年5月6日 中京 芝2000m ダイタクチカラ 牡5 笠松 2:00.6 山田義男 倉間昭夫
第20回 1980年5月4日 中京 芝2000m ネオンオーカン 牡5 愛知 2:00.9 荒巻透 青山幸健
第21回 1981年5月5日 中京 芝2000m ヒカリデユール 牡4 愛知 2:00.8 田中敏和 野島豊
第22回 1982年5月3日 名古屋 2400m ハローキング 牡5 愛知 2:36.6 田中敏和 野島三喜雄
第23回 1983年5月5日 中京 芝2000m ワイドツバサ 牡5 愛知 2:02.8 内沢信昭 松村勇
第24回 1984年5月5日 中京 芝2000m サルノフアルコン 牡5 愛知 2:04.6 内沢信昭 竹口勝利
第25回 1985年5月3日 中京 芝2000m ハクサンハーロツク 牡6 愛知 2:04.4 坂本敏美 松村勇
第26回 1986年5月5日 中京 芝2000m ジユサブロー 牡4 愛知 2:02.8 鈴木純児 安達小八
第27回 1987年5月5日 中京 芝2000m ワイドセイコー 牡5 愛知 2:00.6 下窪道盛 伊藤辰雄
第28回 1988年5月4日 中京 芝2000m ヤマニンシーバー 牡5 笠松 2:01.8 濱口楠彦 山中敏彦
第29回 1989年5月4日 中京 芝2000m コマツノーザン 牡5 笠松 2:00.9 井上孝彦 荒川友司
第30回 1990年5月4日 中京 芝2000m カミナリモン 牡5 愛知 2:05.6 山内和明 瀬戸口悟
第31回 1991年5月3日 中京 芝2000m タイプスワロー 牡5 笠松 2:01.4 井上孝彦 荒川友司
第32回 1992年5月4日 中京 芝2000m ロングシンホニー 牡6 愛知 2:01.0 井出上慎一 森島義弘
第33回 1993年5月4日 名古屋 2500m ベッスルエース 牡5 笠松 2:46.1 安藤光彰 飯干秀人
第34回 1994年5月5日 中京 芝2000m トミシノポルンガ 牡5 笠松 2:03.4 安藤勝己 加藤健
第35回 1995年5月5日 中京 芝2000m トミシノポルンガ 牡6 笠松 2:02.2 安藤勝己 加藤健
第36回 1996年5月5日 名古屋 1900m マルブツセカイオー 牡6 愛知 2:02.3 宇都英樹 斉藤弘光
第37回 1997年5月5日 名古屋 1900m ハカタダイオー 牡4 笠松 2:01.1 安藤光彰 柳江俊明
第38回 1998年5月5日 名古屋 1900m ハカタダイオー 牡5 笠松 2:02.8 安藤光彰 柳江俊明
第39回 1999年4月14日 名古屋 1400m エフワンライデン 牡4 笠松 1:27.6 安藤勝己 荒川友司
第40回 2000年4月12日 名古屋 1400m メモリーベイツ 牡5 愛知 1:27.8 内沢信明 塚田隆男
第41回 2001年4月11日 名古屋 1400m レジェンドハンター 牡4 笠松 1:25.6 安藤勝己 高田勝良
第42回 2002年4月10日 名古屋 1400m サンキューホーラー 騸7 愛知 1:26.6 丸野勝虎 本名信行
第43回 2003年4月10日 名古屋 1400m マルカセンリョウ 牡5 愛知 1:25.7 上松瀬竜一 瀬戸口悟
第44回 2004年4月15日 名古屋 1400m マルカセンリョウ 牡6 愛知 1:26.0 吉田稔 瀬戸口悟
第45回 2005年4月15日 名古屋 1400m レイナワルツ 牝5 愛知 1:26.6 兒島真二 瀬戸口悟
第46回 2006年4月12日 名古屋 1400m マヤノモーリス 牡8 愛知 1:25.3 宇都英樹 斉藤弘光
第47回 2007年4月12日 名古屋 1400m マサアンビション 牡8 愛知 1:29.4 戸部尚実 瀬戸口悟
第48回 2008年4月10日 名古屋 1400m キングスゾーン 牡6 愛知 1:27.4 安部幸夫 原口次夫
第49回 2009年4月16日 名古屋 1400m ベストタイザン 牡7 園田 1:27.2 下原理 齊藤裕
第50回 2010年4月15日 名古屋 1400m マルヨフェニックス 牡6 笠松 1:28.3 尾島徹 柴田高志
第51回 2011年4月14日 名古屋 1400m マルカハンニバル 牡7 愛知 1:27.5 兒島真二 瀬戸口悟
第52回 2012年4月12日 名古屋 1400m エーシンエフダンズ 牡8 園田 1:27.5 川原正一 橋本忠男
第53回 2013年4月5日 名古屋 1400m サイモンロード 牡5 愛知 1:27.2 丸野勝虎 角田輝也
第54回 2014年4月4日 名古屋 1400m ピッチシフター 牝4 愛知 1:28.3 大畑雅章 川西毅
第55回 2015年4月10日 名古屋 1400m エナエビス 牡4 園田 1:26.5 木村健 田中範雄
第56回 2016年4月8日 名古屋 1400m マルトクスパート 牡6 園田 1:28.8 赤岡修次 田中範雄
第57回 2017年4月14日 名古屋 1400m トウケイタイガー 牡6 園田 1:26.7 川原正一 住吉朝男
第58回 2018年4月10日 名古屋 1400m カツゲキキトキト 牡5 愛知 1:28.6 大畑雅章 錦見勇夫
第59回 2019年4月11日 名古屋 1400m キクノステラ 牡7 園田 1:30.1 岡部誠 田中範雄

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 東海桜花賞と駿蹄賞は例年5月前半の連休中に行われており、この開催の目玉となっていたが1996年以降、愛知県競馬組合はゴールデンウィークの開催を名古屋競馬場で行うようになった。
  2. ^ 当初は本競走がダートグレード競走となる予定だったが、最終的には見送られた。

出典[編集]

  1. ^ a b 名古屋競馬番組要綱・賞金等支給基準(2019年度)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年4月8日閲覧。
  2. ^ 平成31年度 第1回 名古屋競馬番組   東海桜花賞(SPI)シリーズ (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年4月8日閲覧。

各回競走結果の出典[編集]