東海級コルベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東海級コルベット
概歴
艦種 コルベット(PCC)
就役期間 1982年-2011年
前級 露梁級 (PC)英語版
次級 浦項級(PCC)
性能諸元[1]
排水量 基準:800t
満載:1,076t
全長 78.5m
全幅 10.0m
吃水 2.6m
機関 CODOG方式
MTU 12V956 TB82 ディーゼルエンジン(3,120bhp 2基
LM2500 ガスタービンエンジン(27,800shp) 1基
可変ピッチ・プロペラ 2軸
速力 最大31ノット
航続距離 4,000海里(15ノット巡航時)
乗員 士官10名+下士官兵85名
兵装 76mm コンパット砲 1基
Mk.1 40mm連装機銃 1基
EX-74 30mm連装機関砲 2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管 2基
Mk.9爆雷投下軌条
爆雷×各6発)
2基
レーダー WM-28 低空警戒・砲射撃指揮用 1基
AN/SPS-64ドイツ語版 航海用 1基
ソナー] EDO 786 船底装備式 1基
電子戦
対抗手段
電波探知装置
Mk.135 6連装デコイ発射機 2基

東海級コルベット(トンヘきゅうコルベット、朝鮮語: 동해급 초계함: Donghae class corvette)は、韓国海軍が運用していたコルベットの艦級[2]。計画名はHDC-800型[1]

設計[編集]

1970年代朴正煕政権は「自己完結型の国防力整備を目指した8ヶ年計画」を発表した。これは、国内技術による艦隊建設を志向したものであり[3]、これに基づいて建造された韓国初のコルベット級の水上戦闘艦が本級である[2]

船型は平甲板型が採用されており、その上に3層の上部構造物が設けられている。艦首の乾舷はかなり低く、凌波性には問題があると考えられていた。また、艦型過小であり、洋上行動は比較的短期間に限られた[3]主機関は、巡航機としてドイツMTUフリードリヒスハーフェン社製MTU 12V956 TB82 ディーゼルエンジン(3,130馬力)を2基、高速機としてアメリカゼネラル・エレクトリック社製LM2500 ガスタービンエンジン(27,200馬力)を1基搭載し、減速機を介して2軸の可変ピッチ・プロペラを駆動するCODOG方式が採用された[1]

装備[編集]

本級は砲装型コルベットであり、ミサイル兵装は搭載されていない。主砲は、艦首甲板上に76mm コンパット砲が備えられている。砲射撃指揮装置は、オランダのシグナール社のWM-28が搭載された。その空中線部は艦橋後方に設けられたラティスマスト頂部に設置されたが、これは、目標捕捉レーダーと連動した複合アンテナを採用しており、艦のメインセンサーとしても用いられる。目標捕捉レーダーと追尾レーダーはいずれもXバンドを採用しており、同系列機において、目標捕捉レーダーはレーダー反射断面積1m2の目標を60kmで探知できるとされていた[4]。なお、WM-28の下方には、やはりXバンドで動作する航海レーダーとしてAN/SPS-64ドイツ語版 レーダーが搭載された。艦橋上には、主砲用の副方位盤として、電子光学式のLIODが搭載された[1]

対空機関砲は、上部構造物後端にボフォース 60口径40mm機関砲を連装に配したMk.1 Mod.2 マウントが備えられたが、これは、第二次世界大戦当時にアメリカ海軍が使用していた旧式のものであり、射撃指揮装置も旧式のMk.51 射撃指揮装置であった。また、艦橋直前の船楼前端と艦尾甲板には、エリコンKCB 75口径30mm機関砲を連装に配した米エマーソン社製の有人砲塔を備えている[1]

ソナーは、米EDO社製の786型を船底に設置した。これは、13キロヘルツ級の中周波ソナーであり、同時期に海上自衛隊で就役した護衛艦いしかり」で採用されたAN/SQS-36D(J)と同じ系譜に属している[4]対潜兵器として、Mk.32 3連装短魚雷発射管からMk.46短魚雷を運用しているほか、従来通りの爆雷投下軌条も備えている[1]

同型艦[編集]

# 艦名 造船所 就役 退役
PCC-751 東海(トンヘ)
ROKS Donghae
韓国造船 1982年8月 2009年6月
PCC-752 水原(スウォン)
ROKS Su Won
韓国タコマ 1983年10月 2010年6月
PCC-753 江陵(カンヌン)
ROKS Kang Reung
現代重工業 1983年11月
PCC-755 安養(アニャン)
ROKS An Yang
大宇造船海洋 1983年12月 2011年9月

「安養」は退役後にコロンビア海軍に譲渡され、ナリーニョ(ARC Nariño)となり、2014年8月の就役が予定されている[5][6]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 410-411. ISBN 978-1591149545. 
  2. ^ a b 「写真特集 今日の韓国軍艦」、『世界の艦船』第780号、海人社、2013年7月、 21-42頁、 NAID 40019692113
  3. ^ a b 香田洋二「韓国海軍 その現況と将来 (特集・韓国海軍の現況)」、『世界の艦船』第704号、海人社、2009年4月、 75-81頁、 NAID 40016485796
  4. ^ a b Norman Friedman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. ISBN 978-1557502681. http://books.google.co.jp/books?id=l-DzknmTgDUC. 
  5. ^ 韓国の退役哨戒艦 コロンビアに無償譲渡へ”. 聯合ニュース (2013年7月23日). 2014年6月6日閲覧。
  6. ^ Con otra corbeta, el país refuerza flota de guerra”. EL TIEMPO (2013年12月14日). 2014年6月6日閲覧。