東海道富田の一里塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東海道富田の一里塚(とうかいどうとみだのいちりづか)は三重県指定の史跡江戸時代東海道一里塚の1つで桑名宿四日市宿の中間の富田六郷の東富田村に位置した。所在地は三重県四日市市富田3丁目20番地。

歴史[編集]

  1. 富田の一里塚
  2. 三ツ谷の一里塚
  3. 日永の一里塚
  4. 采女の一里塚
  • これらの四ヶ所の一里塚跡が判明しており、富田の一里塚はそのうちの一つで、日永の一里塚跡と同時に三重県史跡に指定されている。
  • 富田の一里塚の歴史は古く、1582年天正10年)に伊勢国を支配していた織田信長が36町歩を1里として定めて塚を建設し始めたのが由来である。徳川家康東海道五十三次ルート江戸(現在の東京日本橋から京都三条大橋まで、1604年慶長9年)より順次1(約4km)の間隔の一里塚を設置をした。富田の一里塚は富田西町の外側の外れの東海道に『史跡富田の一里塚』の石碑が建設されている。富田の一里塚は、東海道の街道の両側に相対して3m位に土盛りがされていて、山手側に榎が1本と松一本と、反対側に榎が一本が植林されていた。この木陰で旅人が旅の疲れを癒していた。[1]

参考文献[編集]

  • 『ふるさと富田』(四日市市富田地区の文化財保存会が執筆した郷土史の本である)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ふるさと富田25頁10行目~26頁行目

関連項目[編集]