JXTG音楽賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JXTG音楽賞は、JXTGグループが主催する音楽の賞である。

1971年、モービル石油が「モービル音楽賞」として創設し、邦楽部門と洋楽部門の2部門がある。1989年、洋楽部門に新進音楽家を対象とする奨励賞が設けられた。賞金は、各賞200万円である。2001年に「エクソンモービル音楽賞」、2012年に「東燃ゼネラル音楽賞」、2017年に「JXTG音楽賞」と改称[1]

受賞者[編集]

邦楽部門[編集]

  • 第 1回(1971年) 山口五郎(琴古流尺八)
  • 第 2回(1972年) 松崎倭佳(長唄)、稀音家幸(三味線)
  • 第 3回(1973年) 菊原初子(地歌筝曲)
  • 第 4回(1974年) 田中伝左衛門(歌舞伎長唄囃子)
  • 第 5回(1975年) 杵屋正邦(現代邦楽作曲)
  • 第 6回(1976年) 観世寿夫(能楽シテ方)
  • 第 7回(1977年) 山彦河良(河東節)
  • 第 8回(1978年) 杵屋佐登代(長唄唄方)
  • 第 9回(1979年) 鶴田錦史(薩摩琵琶)
  • 第10回(1980年) 町田佳聲(邦楽研究評論)、福原百之助(長唄囃子笛方)
  • 第11回(1981年) 太田里子(地歌筝曲)
  • 第12回(1982年) 今藤長十郎(長唄三味線)
  • 第13回(1983年) 都一中(一中節三味線)
  • 第14回(1984年) 常磐津文字兵衛(現常磐津英寿)(常磐津節三味線)
  • 第15回(1985年) 浅川玉兎(長唄研究)、竹本住大夫(義太夫節太夫)
  • 第16回(1986年) 杵屋五三郎(長唄 三味線)
  • 第17回(1987年) 中田博之(筝曲)
  • 第18回(1988年) 平井澄子(現代邦楽)
  • 第19回(1989年) 米川敏子(筝曲)
  • 第20回(1990年) 日本音楽集団(現代邦楽創造グループ)
  • 第21回(1991年) 尺八三本会(尺八)
  • 第22回(1992年) 宮田哲男(長唄唄方)
  • 第23回(1993年) 一噌幸政(能楽笛方)
  • 第24回(1994年) 都一いき(一中節)
  • 第25回(1995年) 藤井久仁江(地歌筝曲)
  • 第26回(1996年) 竹本駒之助(女流義太夫)
  • 第27回(1997年) 芝祐靖(雅楽)
  • 第28回(1998年) 観世榮夫(能楽シテ方)
  • 第29回(1999年) 鶴澤清治(文楽三味線方)
  • 第30回(2000年) 田島佳子(長唄三味線方)
  • 第31回(2001年) 山本東次郎(大蔵流狂言方)
  • 第32回(2002年) 川瀬白秋(筝曲胡弓)
  • 第33回(2003年) 大和久満(大和楽三味線方)
  • 第34回(2004年) 米川裕枝(現二代目米川敏子)(筝曲)
  • 第35回(2005年) 味見亨(長唄三味線方)
  • 第36回(2006年) 野坂恵子(箏曲)
  • 第37回(2007年) 横道萬里雄(楽劇評論)
  • 第38回(2008年) 今藤政太郎(長唄三味線方)
  • 第39回(2009年) 藤舎呂船(邦楽囃子)
  • 第40回(2010年) 近藤乾之助(能楽 宝生流 シテ方)
  • 第41回(2011年) 豊竹咲大夫(文楽義太夫節太夫)
  • 第42回(2012年) 清元美治郎(清元三味線方)
  • 第43回(2013年) 今藤尚之(長唄唄方)
  • 第44回(2014年) 中川善雄(邦楽囃子 笛方)
  • 第45回(2015年) 沢井一恵(箏曲)
  • 第47回(2017年) 豊竹呂太夫(文楽義太夫節太夫)
  • 第48回(2018年) 杵屋勝国(長唄 三味線方)

洋楽部門(本賞)[編集]

洋楽部門(奨励賞)[編集]

  • 第 1回(1989年) 吉野直子(ハープ)
  • 第 2回(1990年) 漆原朝子(ヴァイオリン)
  • 第 3回(1991年) 長谷川陽子(チェロ)
  • 第 4回(1992年) 佐久間由美子(フルート)
  • 第 5回(1993年) 仲道郁代(ピアノ)
  • 第 6回(1994年) 錦織健(テノール)
  • 第 7回(1995年) 千住真理子(ヴァイオリン)
  • 第 8回(1996年) 高橋薫子(ソプラノ)
  • 第 9回(1997年) 樫本大進(ヴァイオリン)
  • 第10回(1998年) 若林顕(ピアノ)
  • 第11回(1999年) 佐野成宏(テノール)
  • 第12回(2000年) 横山幸雄(ピアノ)
  • 第13回(2001年) 長岡京室内アンサンブル(主宰 森悠子
  • 第14回(2002年) 矢崎彦太郎(指揮)
  • 第15回(2003年) 川田知子(ヴァイオリン)
  • 第16回(2004年) 斉田正子(ソプラノ)
  • 第17回(2005年) 渡辺玲子(ヴァイオリン)
  • 第18回(2006年) 篠崎和子(ハープ)
  • 第19回(2007年) 藤村実穂子(メゾソプラノ)
  • 第20回(2008年) 幸田浩子(ソプラノ)
  • 第21回(2009年) 趙静(チェロ)
  • 第22回(2010年) 藤倉大(作曲)
  • 第23回(2011年) 粟國淳(オペラ演出)
  • 第24回(2012年) 山崎伸子(チェロ)
  • 第25回(2013年) 古典四重奏団(弦楽四重奏)
  • 第26回(2014年) 下野竜也(指揮)
  • 第27回(2015年) 川本嘉子(ヴィオラ)
  • 第28回(2016年) 萩原麻未(ピアノ)
  • 第29回(2017年) 中村恵理(ソプラノ)
  • 第30回(2018年) 小倉喜久子(フォルテ ピアノ)

脚注[編集]