東田大志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
東田 大志
(ひがしだ ひろし)
ペンネーム ビラがパズルの人[1]
チェバの定理
誕生 1984年(昭和59年)[1]
兵庫県
職業 学生
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程に在学中[1]
活動期間 2010年 -
ジャンル ノンフィクション
主題 パズル、パズル学
代表作 京大生・東田くんのパズル』(2010年)
処女作 京大生・東田くんのパズル』(2010年)
公式サイト blog.goo.ne.jp/handbill-puzzle
テンプレートを表示

東田 大志(ひがしだ ひろし、1984年(昭和59年) - )は日本のパズル研究者。2003年(平成15年)、京都大学パズル同好会を創設[2][3]。大学のキャンパス内や街頭で自作のパズルを載せたビラを配布してパズルの普及を図っている。そのため「ビラがパズルの人」を自称している。2011年(平成23年)4月から大阪商業大学アミューズメント産業研究所研究員を勤める[4]

人物[編集]

1984年(昭和59年)生まれ。小学生のときに母親が買い与えたパズル本に熱中し、自宅ではほとんど勉強をしなかったため、成績は良くなかった[5]。高校3年の夏休みに一念発起し、自宅で猛勉強を始めたところ、1か月で偏差値が20上がり、数学は偏差値が30上がり偏差値90を突破した[6]。その結果、京都大学法学部に現役で合格した。2003年(平成15年)、京都大学パズル同好会を創設し、パズル研究のため法学部から総合人間学部に転学した[7]。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程に進学した後もパズルの研究を進め、日本で唯一人のパズル学研究者となった[5]。専門はパズル学であり、パズル学会でパズルの論文を発表した[1]。パズル作家として『京都新聞』に記事を連載した[8]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

トイレットペーパー[編集]

ゲーム[編集]

ニンテンドーDSiウェア[編集]

iPhone・iPod touch・iPad[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)”. Amazon.co.jp. 2012年4月13日閲覧。
  2. ^ 京都大学パズル同好会”. kyoto-u.com. 2012年3月15日閲覧。
  3. ^ パズル党京都支部(京都大学パズル同好会)会員たち (2012年3月9日). “京都大学パズル同好会HP”. ASCII MEDIA WORKS. 2012年3月15日閲覧。
  4. ^ パズル学入門 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)”. Amazon.co.jp. 2012年4月13日閲覧。
  5. ^ a b 京大・東田式 日本語力向上パズル 書籍の内容”. 小学館. 2012年4月13日閲覧。
  6. ^ 「本の話」編集部 (2012年4月5日). “著者インタビュー 東大・京大生だけが知っている『頭がよくなる裏ワザ』とは!?”. p.1. 本の話WEB. 2012年4月13日閲覧。
  7. ^ 頭がよくなるパズル 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)”. Amazon.co.jp. 2012年4月13日閲覧。
  8. ^ パズル公爵の挑戦状 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)”. Amazon.co.jp. 2012年4月13日閲覧。