八戸ニュータウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東北地方 > 青森県 > 八戸市 > 八戸ニュータウン
東白山台
東白山台の位置(青森県内)
東白山台
東白山台
東白山台の位置
北緯40度28分59.13秒 東経141度27分44.2秒 / 北緯40.4830917度 東経141.462278度 / 40.4830917; 141.462278
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県
市町村 Flag of Hachinohe, Aomori.svg 八戸市
人口
2017年(平成29年)4月30日現在)[1]
 • 合計 3,080人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
039-1111
市外局番 0178[2]
ナンバープレート 八戸
西白山台
北緯40度28分40.32秒 東経141度27分8.98秒 / 北緯40.4778667度 東経141.4524944度 / 40.4778667; 141.4524944
人口
2017年(平成29年)4月30日現在)[1]
 • 合計 3,855人
郵便番号
039-1113
南白山台
北緯40度28分52.96秒 東経141度27分40.49秒 / 北緯40.4813778度 東経141.4612472度 / 40.4813778; 141.4612472
人口
2017年(平成29年)4月30日現在)[1]
 • 合計 1,985人
郵便番号
039-1112
北白山台
北緯40度29分20.75秒 東経141度27分57.03秒 / 北緯40.4890972度 東経141.4658417度 / 40.4890972; 141.4658417
人口
2017年(平成29年)4月30日現在)[1]
 • 合計 1,397人
郵便番号
039-1114

八戸ニュータウン(はちのへニュータウン)は、青森県八戸市にあるニュータウンの一つ。地域振興整備公団(現:独立行政法人都市再生機構<UR都市機構>)が整備した新興住宅地である。

概要[編集]

八戸市役所から、南東に3.5kmの高台に位置し[3]馬淵川右岸の標高90m~130m程度の丘陵地帯にある。1982年に建設が着工し330haが開発された。2017年4月現在、3,938世帯、10,317人が居住している。

八戸ニュータウンは、北に根城、東に沢里、南に飛び地で根城の小字の笹子、飛び地の田面木、西に坂牛田面木八幡が面している。鉄道の駅は無いが、北西4kmに東日本旅客鉄道(JR東日本)・青い森鉄道八戸駅がある。幹線道路は 八戸自動車道八戸インターチェンジ青森県道29号八戸環状線。市道3・3・10街路(通称けやき通り:根城6丁目から八戸ニュータウンへ向かう4車線道路)、市道3・4・10街路(通称ニュータウン南通り:田面木小学校から八戸ニュータウンへ向かう2車線道路)などに面している。

1992年から八戸市営バスがニュータウンと運行を開始し、後に南部バスが市内路線を新設した。また、八戸インターチェンジには東北自動車道を経由して仙台・東京方面へ向かう高速バス路線の停留所が設置されている。

2002年住居表示が実施され、北白山台(1丁目から4丁目)、東白山台(1丁目から4丁目)、南白山台(1丁目から3丁目)の西白山台(1丁目から6丁目)の4町に分けられている。それ以前はそれぞれ根城、沢里、坂牛、田面木の一部に含まれていた。

北白山台は、ニュータウン北部の地域で、2017年現在583世帯、1,397人が居住している。八戸インターチェンジへ接続する道路が地区の中央を南北に通り、その北西に商業業務地区の八戸流通センターがある。総面積は207,103m²で46社が立地し、約1,000人の労働者が就労している。[4] 地区南部にはタウンセンターがあり、ユニバースダイソーサンドラッグ大戸屋しまむら東奥日報社八戸ビル、八戸消防署根城分遣所が立地している。近隣には、2haの面積を持つ地区公園の長者森公園が隣接しているほか、地区南西には白山台公園が設置されている。公園面積は16.7haで、ニュータウン内で最も大きい地区公園である。

東白山台は、ニュータウン東部の地域で2017年現在1,195世帯、3,080人が居住している。 1995年に、八戸市内で当時としては、最も新しい小学校である八戸市立白山台小学校が開校した。2017年までは市内最大規模の小学校であったが、八戸市立西白山台小学校の分離・新設により、生徒数は半減した。 1998年には、地内北東の東白山台一丁目にリゾート施設の厚生年金休暇センターウェルサンピア八戸(現グランドサンピア八戸)が開設された。敷地面積は17.6ha。延べ床面積15,000m2。鉄筋コンクリート地上9階、地下1階の構造で、ホテル、温泉、結婚式場、テニスコート、ゴルフ練習場などがあり、市街地に立地する利便性から市民に親しまれている。年金健康保険・福祉施設整理機構によると、2002年から2007年までの平均利用者数は、年間約50万人で、約5000万円程度の黒字を計上している[5]。 また、TSUTAYA白山台店やホーマック白山台店がある。

南白山台はニュータウンの南東、八戸自動車道の東側に位置している。当地区には2017年現在794世帯、1,985人が居住している。地内中央には八戸圏域水道企業団事業所と、隣接した白山浄水場があり、八戸地域を含めた周辺自治体の約33万人に水道を供給している。地内には八戸ニュータウン郵便局ミニストップが営業している。このほか、地内東部に隣接する根城字丹後平では丹後平古墳群が発掘され、7世紀後半から9世紀前半の円墳古墳を中心に70以上が確認され、7,000m2が国史指定されている。

西白山台はニュータウンの南西、八戸自動車道の西側に位置している。当地区には、1,366世帯、3,855人が居住している。地内南部には市営住宅白山台ヒルズ18棟57戸が立地している。地区中央部には2007年に開校した八戸市立白山台中学校が立地している。2008年度の八戸市の報告書[6]によると現在、生徒数は351人、教職員数は26人で11学級をもつ市内で最も新しい中学校で、八戸ニュータウンと南田面木を中心とした学区を形成している。さらに、ニュータウンの人口増加による児童数増加で、白山台小学校が手狭になったため、2017年4月、白山台中学校近くに八戸市立西白山台小学校が開校した。公園施設も充実しており、面積2.0haの地区公園の「とりのき沢公園」や、地区西部には面積6.3haの 都市緑地である「とくらくぼ緑地」があり、ニュータウン開発以前の自然が残っている。

歴史[編集]

グランドサンピア八戸
八戸ニュータウン タウンセンター

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)4月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

東白山台[編集]

丁目 世帯数 人口
東白山台二丁目 341世帯 834人
東白山台三丁目 452世帯 1,095人
東白山台四丁目 402世帯 1,151人
1,195世帯 3,080人

西白山台[編集]

丁目 世帯数 人口
西白山台一丁目 260世帯 611人
西白山台二丁目 181世帯 570人
西白山台三丁目 357世帯 976人
西白山台四丁目 266世帯 812人
西白山台五丁目 192世帯 586人
西白山台六丁目 110世帯 300人
1,366世帯 3,855人

南白山台[編集]

丁目 世帯数 人口
南白山台一丁目 205世帯 500人
南白山台二丁目 284世帯 696人
南白山台三丁目 305世帯 789人
794世帯 1,985人

北白山台[編集]

丁目 世帯数 人口
北白山台一丁目 172世帯 422人
北白山台二丁目 1世帯 3人
北白山台三丁目 164世帯 340人
北白山台四丁目 246世帯 632人
583世帯 1,397人

教育[編集]

開発データ[編集]

開発目的

産業・物流機能の導入、公共支援施設の立地誘導により新たな雇用の場の創出、所得の増加、地域産業の高度化、物流の効率化に貢献

  • 開発面積・約330ha
  • 計画人口・約15,000人
  • 事業期間・1982年(昭和57年)からおおむね21箇年
  • 概算事業費・約710億円
  • 土地利用計画
    • 住宅用地/約140ha
    • 流通業務用地/約20ha
    • 誘致施設用地/約20ha
    • 公益施設等用地/約60ha
    • 道路/約50ha
    • 河川/約10ha
    • 公園・緑地/約30ha

[7] [8]

出典[編集]

[ヘルプ]