東神奈川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 神奈川区 > 東神奈川
東神奈川
—  町丁  —
東神奈川駅東口(2005年)
東神奈川の位置(横浜市内)
東神奈川
東神奈川
東神奈川の位置(神奈川県内)
東神奈川
東神奈川
東神奈川の位置
座標: 北緯35度28分43.97秒 東経139度38分8.5秒 / 北緯35.4788806度 東経139.635694度 / 35.4788806; 139.635694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
神奈川区
面積[1]
 - 計 0.284km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 2,929人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 221-0044[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

東神奈川(ひがしかながわ)は、神奈川県横浜市神奈川区の地名。現行行政地名は東神奈川一丁目及び東神奈川二丁目。住居表示未実施区域。郵便番号221-0044[3]

地理[編集]

神奈川区南部に位置する。北で立町、北東の線路上の一点で浦島丘、北東で亀住町、東で新町、南東で千若町、南で神奈川、南西で神奈川本町、西で西神奈川、北西で富家町と隣接する。北西側に面した国道1号(第二京浜)と南東の入江川第二派川に挟まれている。

歴史[編集]

1976年(昭和51年)の土地区画整理事業施行に伴い、神奈川通、御殿町、神明町、東神奈川町、亀住町、稲荷町の各一部から新設された[5]

地名の由来[編集]

町名は東神奈川駅から採られている[5]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
東神奈川一丁目 484世帯 898人
東神奈川二丁目 1,262世帯 2,031人
1,746世帯 2,929人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
東神奈川一丁目 全域 横浜市立幸ケ谷小学校 横浜市立栗田谷中学校
東神奈川二丁目 全域 横浜市立神奈川小学校 横浜市立浦島丘中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 神奈川区の町の名(五十音順4:橋本町~六角橋)-横浜市神奈川区 Archived 2012年1月18日, at the Wayback Machine.、2011-09-15閲覧。
  6. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

関連項目[編集]

※浦島丘は線路上の一点で接する。