東神戸フェリーセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東神戸フェリーセンター(ひがしこうべフェリーセンター)は、かつて神戸市東灘区の青木に存在した四国九州方面を中心としたフェリーの発着場である。東神戸フェリーターミナルとも呼ばれていた。

概要[編集]

建設経緯[編集]

神戸港のフェリー発着拠点の集約により、運航会社の負担軽減と利用者の利便性向上を図るため、神戸市が建設したフェリー専用の公共埠頭である。神戸市の埋立地である東部第三埋立工区および東部第四埋立工区の約7.7ヘクタールの敷地に、運輸省から半額の補助を受け約23億円をかけて整備された。建設工事は1970年から開始され、1970年夏に第四バースが完成、第三バース、第二バースも順次供用され、1971年7月の第一バース完成により、計画されていた4バースが全面供用となった。管理運営のため、株式会社神戸フェリーセンターが設立され、旅客サービス、ターミナルの運営、港湾業務などを一手に引き受けた[1]

1971年10月時点では、10社(1日合計32便)が就航、1974年4月までに合計17社の就航が見込まれていたため、東部第四埋立工区の東側に第五バースを新設、東京、鹿児島など長距離航路専用バースとする計画が、1972年春に着工、年度内に完成のスケジュールで進められた。工費約10億円は、神戸フェリーセンターが負担した[1]

航路の変遷[編集]

航路縮小と廃止[編集]

阪神・淡路大震災で被災した後、復旧して運用を再開したが、対岸の六甲アイランドで1988年から運用が開始された六甲アイランドフェリーターミナル中央区新港フェリーターミナル(新港第三突堤)に航路が移転することになった上、明石海峡大橋の開通により、ここを発着とする航路自体も減少したために1999年3月閉鎖となった[2]

跡地はショッピングセンター「サンシャインワーフ神戸」となっている[2]が、かつてフェリーが発着していたバースの可動橋や、東西2つ存在した旅客ターミナルのうち西側のものは、現在も残っている。

阪神電気鉄道青木駅が最寄り駅であった[2]

就航航路[編集]

1971年[編集]

四国方面
九州方面

1988年[編集]

四国方面
  • 関西汽船・加藤汽船(神戸~高松)※共同運航
  • 日本通運・四国フェリー(神戸~高松)※共同運航
  • 四国中央フェリーボート(神戸~川之江~新居浜
  • 徳島阪神フェリー(神戸~徳島港)※共同汽船・共生汽船・関西汽船の共同運行
  • 室戸汽船(神戸~甲浦足摺
  • 愛媛阪神フェリー(神戸~今治~松山)
九州方面

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 特集:にぎわうフェリーターミナル」、『市民のグラフ こうべ』第6号、神戸市広報課、1971年10月2015年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』 神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、37頁。ISBN 9784343006745。