東笠松駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東笠松駅
在りし日の東笠松駅(2005年1月22日)
在りし日の東笠松駅(2005年1月22日)
ひがしかさまつ
HIGASHI KASAMATSU
木曽川堤 (0.6km)
(0.6km) 笠松
所在地 岐阜県羽島郡笠松町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 名古屋本線
キロ程 94.5km(豊橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
223人/日
-1992年[1]-
開業年月日 1935年昭和10年)4月29日
廃止年月日 2005年平成17年)1月29日
備考 無人駅
テンプレートを表示

東笠松駅(ひがしかさまつえき)は、岐阜県羽島郡笠松町にあった、名古屋鉄道名古屋本線廃駅)。

名古屋本線においては岐阜県の最南端にあった駅で、通常は普通列車のみが停車していた。利用客の減少に伴い、2005年平成17年)1月29日に廃止された。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅盛土駅)であった。目立った駅舎はなく駅員無配置(無人駅)であったが、「笠松川まつり」の花火大会開催時などは臨時に笠松駅から駅員が配置されていた。

線路は半径300 mで強くカーブしており、駅が廃止された現在も通過列車は65 km/h(上り名鉄名古屋方面)もしくは70 km/h(下り名鉄岐阜方面)まで減速する。また当駅は鉄道撮影のスポットだった。

配線図[編集]

東笠松駅 構内配線略図

一宮・
名古屋方面
東笠松駅 構内配線略図
岐阜方面
凡例
出典:[2]


駅周辺[編集]

東側を木曽川が流れ、春には奈良津堤の桜花見ができた。営業当時は笠松競馬場の最寄駅であり、競馬開催日には優等列車臨時停車もあった。

利用状況[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
名古屋本線
木曽川堤駅 - (東笠松駅) - 笠松駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  2. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第473号 1986年12月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、付図「名古屋鉄道路線略図」

関連項目[編集]