東芝ラグビー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

東芝ラグビー部(とうしばラグビーぶ)は、かつて存在した東芝ラグビーチーム。社会人ラグビーの草分け的存在で、昭和初期の実業団ラグビー黎明期を牽引した。東芝府中(現在の東芝ブレイブルーパス)とは別のチーム。

概要[編集]

東芝の川崎事業所で活動していたラグビー部(呼称は東芝)。川崎事業所は、1908年(明治41年)に、東芝の前身である東京電気株式会社川崎工場として開業。1945年に堀川町工場と改称され、2000年に閉鎖されるまで製造・技術開発の拠点として操業した[1]

歴史[編集]

1924年(大正13年)に東京電気ラグビー部として創部。日本で最初の実業団ラグビーチームである[2]。創部間もない頃は、近隣のYC&AC横浜高等工業学校(現在の横浜国立大学理工学部)などと練習試合を行っていた[2]

1929年、この年に創設されたトーナメント方式の関東実業団大会[注 1]に出場した。決勝に駒を進めると、決勝でも東京鉄道に6-0で勝利して、関東実業団の初代チャンピオンとなった。翌1930年の大会でも、決勝で鉄道省に11-3で勝利して、初年度から2連覇を達成した。

1939年、東京電気と芝浦製作所が合併して東京芝浦電気となる。以降、東芝の名称で大会に参加する。

1941年、関東実業団リーグ[注 2]が開幕した。東芝は、1部リーグの初代王者に輝いた。この後、第二次世界大戦の本格化に伴いリーグ運営が困難になり、次年度以降の結果は不明である。なお、1943年秋には、リーグ戦に限らず、すべての実業団の公式試合が中断されたとの記録が残っている[2]

終戦後、早くも1946年[注 3]に関東実業団大会[注 4]が復活した。この大会でも東芝は決勝に進出し、三共に21-0で勝利して戦後最初の優勝チームとなった。翌1947年も決勝に進出し、日立製作所に13-0で勝利して2連覇を飾った。この後、1950年まで5連覇を達成したとの記録が残っている[2]

関東実業団リーグ[注 5]も1946年に再開された。詳細は不明だが、1949年の1部リーグに日立製作所明治生命横河電機などと共に参加したという記録が残っている[2]。このリーグ戦は1959年まで続けられ、1960年からは関東社会人リーグに移行した。

1948年に創設された全国社会人大会には、第1回大会から1960年度の第13回までの間に7回出場した。しかし、近鉄を擁する関西勢や、八幡製鉄を擁する九州勢の後塵を拝し、通算で1勝しかあげることができなかった。

1960年、関東実業団リーグが関東社会人リーグ[注 6]に移行されると、東芝府中横河電機日野自動車明治生命などと共に1部リーグに参加[3]。同リーグには東芝府中(現在の東芝ブレイブルーパス)も所属していたことから、当チームは東芝川崎の名称で参戦した。この頃にはすでに往時の勢いはなく、初年度から2年続けて9位(10チーム中)に沈むと、2部リーグに降格した[注 7]。以降、1部リーグに返り咲くことはなかった。

1972年には3部リーグに降格した。当時は川崎市を拠点とする複数の東芝関連のチームがリーグに参加していたため、区別するために、3部リーグ降格以降は東芝堀川の名称を使用した。1974年に1シーズンだけ2部リーグでプレーしたが、その後は再び3部リーグに戻った。1980年に3部リーグに参加したのを最後に活動の記録が途絶えており[注 8]、ラグビー部の活動を休止したか、もしくは解散したものと考えられる。

タイトル[編集]

※判明分のみ

  • 関東実業団リーグ1部 優勝:1回(1941)
  • 関東実業団大会 優勝:7回(1929, 1930, 1946, 1947, 1948, 1949, 1950)

成績[編集]

※判明分のみ

リーグ戦戦績[編集]

関東実業団リーグ(戦前)[編集]

年度 所属リーグ 順位 試合
1 1941 1部 1
2 1942 不明
3 1943 不明

関東実業団リーグ(戦後)[編集]

年度 所属リーグ 順位 試合
1 1946 不明
2 1947 不明
3 1948 不明
4 1949 1部
5 1950 不明
6 1951 不明
7 1952 不明
8 1953 不明
9 1954 不明
10 1955 不明
11 1956 不明
12 1957 不明
13 1958 不明
14 1959 不明

関東社会人リーグ[編集]

年度 所属リーグ 順位 試合 秋季トーナメント 試合
1 1960 1部 9 9 2 0 7 ベスト8 3 2 0 1
2 1961 1部 9 9 1 1 7 ベスト4 4 3 0 1
3 1962 2部 2 7 5 0 2 初戦敗退 1 0 0 1
4 1963 2部 3 7 3 0 4 初戦敗退 1 0 0 1
5 1964 2部 4 7 3 0 4 初戦敗退 1 0 0 1
6 1965 2部 4 7 3 0 4 3回戦 3 2 0 1
7 1966 2部 5 7 3 0 4 3回戦 2 1[注 9] 0 1
8 1967 2部 Aブロック 1 4 3 0 1 3回戦 2 1 0 1
9 1968 2部 Cブロック 不明 不明 不明 不明 不明 初戦敗退 1 0 0 1
10 1969 2部 Cブロック 5 5 1 0 4
11 1970 2部 Cブロック 5 5 1 0 4
12 1971 2部 Bブロック 6 5 0 0 5
13 1972 3部 Eブロック 5 6 2 0 4
14 1973 3部 Eブロック 1 7 6 0 1
15 1974 2部 Bブロック 6 5 0 0 5
16 1975 3部 Aブロック 2 6 5 0 1
17 1976 3部 Lブロック 1 5 5 0 0
18 1977 3部 Fブロック 2 5 4 0 1
19 1978 3部 Mブロック 3 5 3 0 2
20 1979 3部 Jブロック 2 4 2 0 2
21 1980 3部 Kブロック 2 4 2 0 2

トーナメント大会戦績[編集]

関東実業団大会(戦前)[編集]

年度 成績 試合
1 1929 優勝
2 1930 優勝
3 1936 不明
4 1937 不明
5 1938 不明[注 10]
6 1939 不明
7 1940 不明
8 1941 不明
9 1942 不明
10 1943 不明[注 10]

関東実業団大会(戦後)[編集]

年度 成績 試合
1 1946 優勝
2 1947 優勝 4 4 0 0
3 1948 優勝
4 1949 優勝
5 1950 優勝
6 1951 以降不明

全国社会人大会[編集]

年度 成績 試合
1 1948 初戦敗退 1 0 0 1
2 1949 初戦敗退 1 0 0 1
3 1950 初戦敗退 1 0 0 1
9 1956 初戦敗退 1 0 0 1
10 1957 初戦敗退 1 0 0 1
12 1959 初戦敗退 1 0 0 1
13 1960 ベスト8 2 1 0 1

過去の所属選手[編集]

  • 小野田康一(FB、早大)※東芝ラグビー部の創始者。早大ラグビー部歌『荒ぶる』の作詞者でもある。
  • 西海一嗣(PR、日本代表選手 / 早大)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 東京日日新聞主催のトーナメント大会。1929年に第1回大会、1930年に第2回大会が開催された後しばらく中断。1936年に第3回大会として再開し、戦局が悪化する1943年の第10回大会まで続けられた。
  2. ^ 2部制のリーグ戦。初年度の1部リーグには東芝、東京海上、東京自動車、丸ノ内鉄道、全日産、藤倉電線、三井精機、三愛、明治生命の9チームが参加。
  3. ^ 開催されたのは1946年度末の1947年3月。
  4. ^ トーナメント方式の大会。回数は戦前の大会から連続しておらず、1946年が第1回大会となっている。
  5. ^ 4部制のリーグ戦。1949年の1部リーグに東芝、日鉱日立、運輸省、日立製作所、明治生命、横河電機、三共、日産車体の8チームが参加との記録がある。1959年まで開催され、1960年に関東社会人リーグに移行。
  6. ^ 3部制のリーグ戦。初年度の1部リーグには東芝川崎、東芝府中、谷藤機械、横河電機、松戸自衛隊、東横百貨店、日野自動車、三井精機、日鉱日立、明治生命の10チームが参加。
  7. ^ 奇しくも、東芝府中も揃って同年に降格した。
  8. ^ 1981年に、3部リーグに東芝京浜というチームが登場するが、これは前年まで東芝タービンの名称で参加していたチームが改称したものである。
  9. ^ 他に不戦勝が1つある。
  10. ^ a b 優勝は日立製作所であった。

出典[編集]

  1. ^ 川崎事業所跡地の利用計画について”. 東芝. 2002年5月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e 関東ラグビーフットボール協会 50年史. 関東ラグビーフットボール協会. (1976) 
  3. ^ 30周年記念 関東社会人ラグビーフットボール連盟. 関東社会人ラグビーフットボール連盟. (1991) 

東芝のスポーツチーム[編集]

現在活動しているスポーツチーム
かつて活動していたスポーツチーム

関連項目[編集]