東菅野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 千葉県 > 市川市 > 東菅野
東菅野
東菅野四丁目
東菅野四丁目
東菅野の位置(千葉県内)
東菅野
東菅野
東菅野の位置
北緯35度43分57.16秒 東経139度56分17.73秒 / 北緯35.7325444度 東経139.9382583度 / 35.7325444; 139.9382583
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Ichikawa, Chiba.svg 市川市
人口
2017年(平成29年)9月30日現在)[1]
 • 合計 10,376人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
272-0823[2]
市外局番 047[3]
ナンバープレート 習志野

東菅野(ひがしすがの)は、千葉県市川市にある地名。現行行政地名は東菅野一丁目から五丁目。郵便番号は272-0823[2]

地理[編集]

東菅野二丁目

市川市北部に位置する。地域内は市川新田真間平田菅野と続く松の生い茂る住宅街となっており、地域の東部に大柏川、中央部に真間川が流れる。

東は本北方北方町、西は菅野、南は八幡、北は宮久保と接している。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、東菅野3-17-14の地点で26万6000円/m2となっている。[4]

歴史[編集]

菅野八幡と共に小説家永井荷風が生前居住した地の一つであり、永井荷風の作品「断腸亭日乗」「葛飾土産」や、菅野在住であった幸田文の作品「すがの」等に当地が見られる。その他、元日銀理事であり、経済評論家、永井荷風研究家の吉野俊彦が晩年まで居住していた。

沿革[編集]

  • 1967年昭和42年)2月1日 住居表示施行。菅野町の東部、八幡町の北部を新町域として丁目を再編し、市川市東菅野一丁目 - 五丁目となる。

地名の由来[編集]

旧菅野町の東部であることから。「菅野」の由来は、かつて、北半分が菅が密生する広い湿原、南半分は砂質で「スカ」や「スガ」と呼ばれていたことから。  

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(各町名ともその一部)
東菅野一丁目 昭和42年2月1日 菅野町
東菅野二丁目
東菅野三丁目
東菅野四丁目 菅野町、八幡町
東菅野五丁目 八幡町

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
東菅野一丁目 1,187世帯 2,499人
東菅野二丁目 869世帯 1,942人
東菅野三丁目 1,249世帯 2,790人
東菅野四丁目 1,054世帯 2,484人
東菅野五丁目 268世帯 661人
4,627世帯 10,376人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
東菅野一丁目 25~33 市川市立冨貴島小学校 市川市立第三中学校
1~24 市川市立八幡小学校
東菅野二丁目 1~12
13~23 市川市立百合台小学校
東菅野三丁目 1~2 市川市立八幡小学校
3~32 市川市立冨貴島小学校
東菅野四丁目 全域 市川市立北方小学校 市川市立下貝塚中学校
東菅野五丁目 全域

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 町丁別人口(住民基本台帳)”. 市川市 (2017年10月10日). 2017年11月6日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月6日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 小・中学校の通学区域(学区)”. 市川市 (2017年9月28日). 2017年11月6日閲覧。