東西対抗お笑いルーレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東西対抗お笑いルーレット
ジャンル 演芸番組
出演者 桂三枝
児島美ゆき
ほか、東西の寄席芸人
製作
制作 関西テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1975年3月5日 - 1975年3月26日
放送時間 水曜 22:00 - 22:55
放送分 55分
回数 4

特記事項:
プレ番組として『新春東西対抗お笑いルーレット』が1975年1月1日に放送。

東西対抗お笑いルーレット』(とうざいたいこうおわらいルーレット)は、1975年3月5日から同年3月26日までフジテレビ系列で放送されていた関西テレビ製作の演芸番組である。全4回。放送時間は毎週水曜 22:00 - 22:55 (日本標準時)。

概要[編集]

田村正和主演のテレビドラマ『運命峠』が同年2月に終了したため、春の改編までのつなぎ番組として放送。司会は桂三枝(後の六代桂文枝)と児島美ゆきが務めていた。

1975年1月1日水曜日)に、同じ22:00 - 22:55の枠で正月番組として放送された『新春東西対抗お笑いルーレット』をレギュラー化。芸人たちが活動拠点(東京・大阪)ごとに東西のチームに分かれ、ルーレットの周りに立ってルーレットが指したお題に従って即興で漫才コント落語小噺などを披露する。3分以内に思い付かなかった場合はアウトとなる[1]

放送終了から6年後の1981年4月、本番組のリバイバル版である『激突!お笑いルーレット』が同じく水曜22:00枠でスタートした。

出演寄席芸人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都新聞 1975年1月1日テレビ欄『新春東西対抗お笑いルーレット』の紹介記事より。

出典[編集]

  • 下野新聞縮刷版』 下野新聞社、1975年3月5日 - 同年3月26日付のラジオ・テレビ欄。
フジテレビ系列 水曜22:00枠
前番組 番組名 次番組
運命峠
(1974年10月2日 - 1975年2月26日)
東西対抗お笑いルーレット
(1975年3月5日 - 1975年3月26日)
おくにじまんスター自慢
(1975年4月2日 - 1975年9月24日)