東西庵南北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東西庵 南北(とうざいあん なんぼく、生年不明文政10年(1827年))とは江戸時代戯作者浮世絵師木版彫師

来歴[編集]

朝倉氏、名は藤八。一説には力蔵とも言われる。戯作名も東西庵南北。また、葛飾偶人、六極園、梅山人南北、阡陌園とも号す。吾妻橋手前竹町に住んでいたが、後に芝金杉町に移住した。また、『江戸方角分』によると文化14年から文化15年頃、大和町にも住すという。文化期から没年まで作画もしたが、専ら主に戯作に筆を振るった。喜多川歌麿の影響を受けた美人画読本挿絵を描いている。

作品[編集]

  • 「五節句 角海老屋内大勢」 大判 錦絵
  • 『弥生佐久羅』 読本 一溪翁野人作 文政7年
  • 『浮世心学夜見世濫觴』 読本 自画作 文政7年

参考文献[編集]