東西芸人いきなり!2人旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東西芸人いきなり!2人旅
Asahi Broadcasting Corporation headquarter.JPG
番組収録が行われていた
朝日放送本社 新社屋(大阪・ほたるまち
ジャンル 旅番組 / バラエティ番組
演出 梶原英明(ABC)
出演者 東野幸治関西芸人代表)
勝俣州和関東芸人代表)
ほか
ナレーター 角野友紀
オープニング 東京スカパラダイスオーケストラ美しく燃える森
エンディング エンディング曲参照
製作
プロデューサー 奈良井正巳(ABC)
中澤晋弥(よしもとクリエイティブ・エージェンシー
制作 朝日放送(ABCテレビ)
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
特番第1弾
放送期間 2011年10月9日
放送時間 日曜日 15:30 - 17:25
放送分 115分
回数 1
特番第2弾
放送期間 2012年1月3日
放送時間 火曜日 23:55 - 翌0:55
放送分 60分
回数 1
いよいよ来週日曜日「東西芸人いきなり!2人旅」スタート(レギュラー版スタート前特番)
放送期間 2012年4月29日
放送時間 日曜日 23:25 - 翌0:20
放送分 55分
回数 1
レギュラー版
放送期間 2012年5月6日 - 2013年3月31日
放送時間 日曜日 23:15 - 翌0:10
放送分 55分
回数 38
緊急復活! 東西芸人いきなり!2人旅 2時間スペシャル(特番第3弾)
放送期間 2013年9月29日
放送時間 日曜日 15:30 - 17:25
放送分 115分
回数 1
東西芸人いきなり!沖縄2人旅(特番第4弾)
放送期間 2014年3月15日
放送時間 土曜日 14:00 - 15:00
放送分 60分
回数 1
緊急復活!! 東西芸人いきなり!2人旅 2014秋のスペシャル(特番第5弾)
放送期間 2014年9月20日
放送時間 土曜日 15:25 - 17:25
放送分 120分
回数 1
東西芸人いきなり!2人旅!! 嵐の年末スペシャル(特番第6弾)
放送期間 2014年12月27日
放送時間 土曜日 15:30 - 17:25
放送分 115分
回数 1
緊急特番! 東西芸人いきなり2人旅! 絶景沖縄&春の淡路島スペシャル(特番第7弾)
放送期間 2015年3月21日
放送時間 土曜日 15:00 - 16:55
放送分 115分
回数 1

特記事項:
特番や『日曜洋画劇場』の放送時間の関係で、当番組の開始時間が繰り下がる場合がある。

東西芸人いきなり!2人旅』(とうざいげいにんいきなり!ふたりたび)は、朝日放送(ABCテレビ)2011年10月9日から2013年3月31日まで毎週日曜日 23:15 - 翌0:10(JST)に放送されていたバラエティ番組である。主に、レギュラー時代を中心に深夜帯に放送されていたが、単発時代は夕方帯に放送されていた。また、一部のテレビ朝日系列で放送された。

概要[編集]

ほぼ初対面の関東芸人関西芸人[1]がいきなり1泊2日の2人旅を行い、その旅の様子を東野幸治勝俣州和がスタジオで観察する。レギュラー版では、VTR中に言いたいことや、もう一度見たい場面がある時のためにテーブルにストップボタンが設置されている。番組は隔週金曜日に2本録りで収録が行われている[2]

これまでに2回特番で放送されたが、2012年5月6日から関西ローカルでレギュラー放送を開始[3]。前週にあたる4月29日の23:25 - 翌0:20には『いよいよ来週日曜日「東西芸人いきなり!2人旅」スタート』が放送され、特番第1弾の2つの旅(ウド鈴木とノブ、鈴木拓と小籔千豊)が再放送された。

2012年12月29日の14:30 - 17:25には、番組初の3時間スペシャルをレギュラー化以降としては初の深夜帯以外の時間帯で放送。また、ABCのほかに、福島放送山形テレビ長野朝日放送山口朝日放送長崎文化放送熊本朝日放送でも同時ネット。愛媛朝日テレビは同日7:25 - 10:25に先行放送。北陸朝日放送は12月30日 14:00 - 16:55に、テレビ宮崎は2013年1月2日 24:50 - 27:45に遅れネットで放送。

なお、テレビ朝日系列で当該時間に放送されている『日曜×芸人』は、0:58 - 1:53に放送時間を繰り下げて放送している。ただし2012年8月5日は、22:55から翌朝までロンドンオリンピックの中継が行われたため、当番組を休止し、通常より1時間15分早い22:00 - 22:55枠で初の同時ネットを行った。

2013年3月31日をもってレギュラー放送は終了したが、その後は不定期にスペシャル番組が放送されていたが、2015年3月21日の放送を最後に、2016年以降は放送されていない。

旅の流れ[編集]

関東芸人・関西芸人ともに旅のパートナーが誰なのか、旅の目的地はどこなのかは聞かされないまま、指定された場所で待ち合わせる。合流後は封筒に入った「旅のしおり」に従って旅を行う[4]。特番では、途中でタビゲーターからの指令が課せられることがあった。

出演者[編集]

特番[編集]

レギュラー版[編集]

  • 関西芸人代表:東野幸治
  • 関東芸人代表:勝俣州和

放送リスト[編集]

特番(放送リスト)[編集]

放送日 関東芸人 関西芸人 旅先
1 2011年10月9日 ウド鈴木キャイ〜ン ノブ千鳥 南紀白浜
楽しんご シルク 嵐山
鈴木拓ドランクドラゴン 小籔千豊 彦根長浜
2 2012年1月3日 出川哲朗 ガリガリガリクソン 京都
3 2013年9月29日 箕輪はるかハリセンボン ハイヒールモモコ(ハイヒール 北海道 小樽
日村勇紀バナナマン 藤本敏史FUJIWARA 島根
4 2014年3月15日 小島よしお オール巨人 沖縄
5 2014年9月20日 黒沢かずこ森三中 未知やすえ 京都
鈴木拓(ドランクドラゴン) 西川忠志 長野 白馬
6 2014年12月27日 塚地武雅(ドランクドラゴン) 間寛平 箱根
ラッシャー板前たけし軍団 高橋茂雄サバンナ 福井
7 2015年3月21日 椿鬼奴 末成由美 沖縄
ウド鈴木(キャイーン) 西田幸治笑い飯 淡路島 南あわじ

レギュラー版(放送リスト)[編集]

放送日 関東芸人 関西芸人 旅先
1 2012年5月6日 春日俊彰オードリー 岩橋良昌(プラスマイナス 淡路島
2 2012年5月13日 児嶋一哉アンジャッシュ 大悟(千鳥) 六甲有馬
3 2012年5月20日 塙宣之(ナイツ 小出水(シャンプーハット) 東京 浅草
4 2012年5月27日 ホリ 川島邦裕野性爆弾 近江八幡大津
5 2012年6月3日 石塚英彦ホンジャマカ 兵動大樹矢野・兵動 京都
6 2012年6月17日 伊達みきおサンドウィッチマン 八木真澄サバンナ 熊本
7 2012年6月24日 澤部佑ハライチ 坂田利夫 大阪
8 2012年7月1日 カンニング竹山 RGレイザーラモン 三重 伊勢
9 2012年7月8日 田中卓志アンガールズ 石田靖 大分 別府
10 2012年7月15日 小島よしお 桂三枝(現・6代目桂文枝 韓国 ソウル
11 2012年7月29日 狩野英孝 西澤裕介(ダイアン 高知
12 2012年8月12日 藤森慎吾オリエンタルラジオ 後藤淳平(ジャルジャル 京都
13 2012年8月19日 つぶやきシロー 小杉竜一ブラックマヨネーズ 名古屋
14 2012年9月2日 未公開トーク総集編
15 2012年9月9日 レッド吉田TIM 博多華丸博多華丸・大吉 京都 美山
16 2012年9月23日 井手らっきょたけし軍団 千原せいじ千原兄弟 沖縄
17 2012年9月30日 杉山裕之我が家 たむらけんじ 広島 宮島
18 2012年10月7日 林家ペー トミーズ健(トミーズ 鳥取
19 2012年10月14日 松村邦洋 原西孝幸FUJIWARA 山口 下関
20 2012年10月28日 モト冬樹 哲夫笑い飯 兵庫
21 2012年11月4日 小沢一敬スピードワゴン 田村裕麒麟 京都
22 2012年11月11日 真栄田賢(スリムクラブ 桂三度 岩手
23 2012年11月18日 ルー大柴 西田幸治(笑い飯) 香川 小豆島
24 2012年11月25日 中岡創一ロッチ ケンドーコバヤシ 鹿児島
25 2012年12月2日 鈴木拓(ドランクドラゴン) てつじ(シャンプーハット) 兵庫 佐用町
26 2012年12月23日 未公開トーク総集編
SP 2012年12月29日 ガダルカナル・タカ(たけし軍団) 西野亮廣キングコング 福岡
バービーフォーリンラブ ハイヒールリンゴ(ハイヒール 北海道 函館
東野幸治&勝俣州和が選ぶ!もう一度見たいシーンBEST3
27 2013年1月6日 飯尾和樹ずん 岩尾望フットボールアワー 福井
28 2013年1月13日 秋山竜次ロバート 木下隆行TKO 岡山 倉敷児島
29 2013年1月20日 松尾伴内(たけし軍団) 浜本広晃(テンダラー 香川
30 2013年1月27日 渡辺正行コント赤信号 ノブ(千鳥) 鎌倉江の島
31 2013年2月3日 板倉俊之インパルス ウーイェイよしたか(スマイル 大阪
32 2013年2月10日 佐藤哲夫パンクブーブー 橋本直(銀シャリ 長野 白馬
33 2013年2月17日 イジリー岡田 陣内智則 栃木 日光
34 2013年2月24日 堤下敦(インパルス)[5] 瀬戸洋祐(スマイル) 長崎
35 2013年3月3日 益子卓郎(U字工事 川島明(麒麟) 静岡 西伊豆
35 2013年3月10日 チャンカワイ(Wエンジン 矢野勝也(矢野・兵動) 三重 伊賀上野名張
36 2013年3月17日 ウド鈴木(キャイ〜ン) ほっしゃん。 長崎
37 2013年3月24日 ヨネスケ 月亭方正 栃木 那須
38 2013年3月31日 未公開トーク総集編

番組ネット局[編集]

特番第1弾[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
近畿広域圏 朝日放送(ABC) テレビ朝日系列 2011年10月9日 15:30 - 17:25 製作局
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV) 2011年11月13日 14:00 - 15:55 35日遅れ
福島県 福島放送(KFB) 2011年12月4日 15:30 - 17:25 56日遅れ
山形県 山形テレビ(YTS) 2011年12月17日 14:00 - 15:55 69日遅れ
青森県 青森朝日放送(ABA) 2011年12月18日 15:30 - 17:25 70日遅れ
長崎県 長崎文化放送(NCC) 2011年12月29日 14:25 - 16:25 81日遅れ
山梨県 山梨放送(YBS) 日本テレビ系列 2012年1月3日 15:00 - 16:55 86日遅れ
山口県 山口朝日放送(yab) テレビ朝日系列 2012年2月5日 15:30 - 17:25 119日遅れ
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
広島県 広島ホームテレビ(HOME) 2012年3月31日 13:00 - 15:00 174日遅れ
鹿児島県 鹿児島放送(KKB) 2012年4月7日 13:00 - 14:55 181日遅れ

特番第2弾[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
近畿広域圏 朝日放送(ABC) テレビ朝日系列 2012年1月3日 23:55 - 翌0:55 製作局
福島県 福島放送(KFB) 2012年1月21日 9:30 - 10:30 18日遅れ
青森県 青森朝日放送(ABA) 2012年1月22日 15:30 - 16:30 19日遅れ
沖縄県 琉球朝日放送(QAB) 2012年1月28日 14:00 - 14:55 25日遅れ
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) 2012年1月28日 16:25 - 17:25
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) 2012年2月4日 13:50 - 14:50 32日遅れ
秋田県 秋田朝日放送(AAB) 2012年2月29日28日深夜) 1:45 - 2:40 56日遅れ
中京広域圏 メ〜テレ(NBN) 2012年3月8日7日深夜) 0:55 - 1:55 64日遅れ
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB)
新潟県 新潟テレビ21(UX) 2012年3月12日11日深夜) 0:45 - 1:40 68日遅れ
石川県 北陸朝日放送(HAB) 2012年3月22日21日深夜) 0:35 - 1:45 78日遅れ
高知県 高知放送(RKC) 日本テレビ系列 2012年3月22日(21日深夜) 0:59 - 25:59
長崎県 長崎文化放送(NCC) テレビ朝日系列 2012年4月1日 12:00 - 12:55 89日遅れ
熊本県 熊本朝日放送(KAB) 2012年5月7日6日深夜) 1:50 - 2:50 124日遅れ

特番第3弾[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
近畿広域圏 朝日放送(ABC) テレビ朝日系列 2013年9月29日 15:30 - 17:25 製作局
北海道 北海道テレビ(HTB) 2013年12月8日 14:00 - 16:00 71日遅れ
長崎県 長崎文化放送(NCC) 2013年12月28日 14:00 - 15:55 91日遅れ

レギュラー版(番組ネット局)[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送開始日 遅れ
近畿広域圏 朝日放送(ABC) テレビ朝日系列 日曜 23:15 - 翌0:10 2012年5月6日 製作局
新潟県 新潟テレビ21(UX) 日曜 0:35 - 1:35(土曜深夜) 2012年6月3日 27日遅れ
石川県 北陸朝日放送(HAB) 土曜 16:00 - 16:55 2012年6月16日 41日遅れ
福島県 福島放送(KFB) 火曜 0:20 - 0:15(月曜深夜) 2012年7月16日 70日遅れ
福岡県 九州朝日放送(KBC) 土曜 0:55 - 1:50(金曜深夜) 2012年8月4日 89日遅れ
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV) 火曜 0:55 - 1:55(月曜深夜) 2012年10月2日 78日遅れ[6]
山口県 山口朝日放送(yab) 日曜 0:45 - 1:42(土曜深夜) 2012年10月7日 83日遅れ
山形県 山形テレビ(YTS) 日曜 0:45 - 1:40(土曜深夜)[7] 97日遅れ[8]
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) 月曜 0:58 - 1:53(日曜深夜) 2012年 28日遅れ
大分県 大分朝日放送(OAB) 土曜 9:45 - 10:40 2013年4月13日 ?日遅れ
東京都 東京メトロポリタンテレビジョン(MX) 独立局
水曜 23:30 - 翌0:30 2013年10月23日 [9]

不定期放送[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送回
長崎県 長崎文化放送(NCC) テレビ朝日系列 2012年5月13日(日曜)12:00 - 12:55
2012年5月26日・6月2日・9月1日・9月29日・10月6日・2013年4月6日・5月4日・5月18日・6月1日・6月29日・8月3日(土曜)13:00 - 14:00
2012年6月30日(土曜)14:30 - 15:25
2012年8月26日(日曜)16:00 - 16:55
2012年11月24日(土曜)15:00 - 15:55
2012年12月1日(土曜)16:00 - 16:55
2012年12月22日2013年1月5日・4月27日・5月4日・6月22日・7月27日・9月21日・10月12日・11月2日・11月23日(土曜)12:00 - 13:00
2013年1月6日(日曜)16:25 - 17:25
2013年3月3日(日曜)15:30 - 17:25(2回分)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) 2012年6月16日(土曜)10:50 - 11:45
2013年3月24日23日深夜)(日曜、土曜深夜)0:50 - 1:45
大分県 大分朝日放送(OAB) 2012年6月23日22日深夜)(土曜、金曜深夜)1:55 - 2:50
長野県 長野朝日放送(abn) 2012年6月29日(金曜)23:15 - 翌0:15
沖縄県 琉球朝日放送(QAB) 2012年6月29日(金曜)23:15 - 翌0:15[10]
2012年6月30日・8月11日・18日(土曜)14:00 - 14:55
2012年9月7日(6日深夜)(金曜、木曜深夜)1:22 - 2:22
2012年10月6日・13日(土曜)12:00 - 12:55
第1回
第2回・第7回・第8回
第9回
第10回・第11回
広島県 広島ホームテレビ(HOME) 土曜16:00 - 17:00や金曜深夜枠等で断続的に放送
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB) 2012年8月5日(日曜)16:30 - 17:25
宮城県 東日本放送(KHB) 2012年8月8日(日深夜)(水曜、火曜深夜)0:56 - 1:51 第6回
中京広域圏 名古屋テレビ 2012年12月8日・22日(土曜)10:00 - 10:55 第8回・第21回
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
(クロスネット)
2013年1月9日(水曜)15:56 - 16:50 第6回

※テレビ朝日系列局でレギュラー・特番・単発・不定期放送を含めてこれまで1度も放送されたことがないのはテレビ朝日福井放送(日本テレビ系列とのクロスネット)の2局のみである。そのほか、系列局のない富山県・鳥取県・島根県・徳島県でもこれまで1度も放送されたことがない(ただしケーブルテレビによるエリア外系列局の視聴ができる場合がある)。

スタッフ[編集]

特番(スタッフ)[編集]

  • ナレーター:喜多ゆかり(ABCアナウンサー、第1・2弾)、角野友紀(ABCアナウンサー、第3弾)
  • 構成:渡邉仁、ハスミマサオ、田中孝晃、東雲信介(第3弾)
  • ブレーン:鍋谷直輝(第3弾)
  • TD・SW:玉木雅之(ABC)
  • SW:小西剛生(第3弾)
  • CAM:栢分祐二・長野允耶・手塚西都子・中本徹(ABC)、森裕喜(第3弾)
  • VE:楠本由希子(ABC)、宇佐美貴士(第3弾)
  • LD:道本啓介(ABC)、瀧本貫士(第3弾)
  • MIX:西森大記(ABC)、坂本宗之(第3弾)
  • AUD:佐藤雄亮、神田雅之(第3弾)
  • VTR:井上隆也(ABC)、荒木佳恵(第3弾)
  • ENG:岡田真悟、武田則彦、西川真・藤原裕康・中喜志治(第3弾)
  • EED:今西政之(アイネックス)、井原理恵、林香奈(第3弾)
  • MA:黒澤秀一(戯音工房
  • 美術プロデューサー:東要(第3弾)
  • 美術:佐々文章(ABC)
  • 美術協力:つむら工芸、まいど、京阪商会、ビーム、百花園、クラフト(第3弾)、思巧堂(第3弾)
  • 番組宣伝:佐藤有(ABC)、川村真紀(第3弾)
  • デスク:岡由子(ABC)
  • AD:田嶋康次郎・大橋洋平(ABC)、大濱雅子(ABCリブラ)、阪本圭(JAWS)、前川亮・若林夏実(第3弾)
  • FD:徳原由花(Walk On)、小田晶子(第3弾)
  • ロケ演出:田嶋康次郎・西岡孝之(第3弾)
  • 総合演出:田村雄一(第3弾)
  • ディレクター:芝聡・朝日源(ABC)、西岡孝之(JAWS)
  • チーフディレクター:梶原英明(ABC)
  • プロデューサー:奈良井正巳(ABC)、中澤晋弥(第3弾)
  • 協力:ABCリブラJAWS関西東通、アイネックス、戯音工房、東通企画(第3弾)、CAMIX(第3弾)、ハートス(第3弾)、ソニ企画(第3弾)、ジェットプロダクション(第3弾)、ウォークオン(第3弾)、Studio NEST(第3弾)
  • 制作:ABC(朝日放送)

レギュラー版(スタッフ)[編集]

  • ナレーター:角野友紀(ABCアナウンサー)、喜多ゆかり(ABCアナウンサー、2012年7月8・29日放送)
  • 構成:渡邉仁、ハスミマサオ、田中孝晃、東雲信介、貝島順一
  • ブレーン:鍋谷直輝、弘中麻由
  • SW:勝間敦(ABC)
  • CAM:長野允耶・栢分祐二・水田芳裕・中本徹・横山博昭・田中康彦・津川貴行・竹島忠寛(ABC)
  • AUD:和三晃章・寺田果生・坂本宗之(ABC)
  • VTR:蔭山明子
  • VE:波田純一・清水博孝・小西剛生(ABC)
  • LD:瀧本貫士
  • MIX:西森大記(ABC)
  • ENG:西川真、岡田秀徳、津田欣典、中村敦
  • EED:今西政之(アイネックス)、井原理恵
  • MA:黒澤秀一(戯音工房)、松阪史高
  • 美術プロデューサー:東要(ABC)
  • 美術協力:つむら工芸、クラフト、思巧堂、ビーム
  • 協力:JAWS、ファンズプロダクションパワーステーション、関西東通、CAMIX、ハートス、アイネックス、戯音工房、ソニ企画、ジェットプロダクション、オフィス自由本舗、AZITOウォークオン
  • 番組宣伝:川村真紀(ABC)
  • デスク:岡由子(ABC)
  • AD:前川亮(JAWS)、松尾康高(ファンズプロダクション)
  • ディレクター:田村雄一・田嶋康次郎(ABC)、西岡孝之・藤川明・高田真吾(JAWS)、四宮孝史・三田修司(ファンズプロダクション)、石原直行(東通企画)、佐藤光代、堀景輔
  • ロケ演出:津野允(JAWS)
  • 総合演出:梶原英明(ABC)
  • プロデューサー:奈良井正巳(ABC)、中澤晋弥(よしもとクリエイティブ・エージェンシー
  • 制作協力:吉本興業
  • 制作:ABC(朝日放送)

テーマ曲・挿入歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

挿入歌[編集]

エンディングテーマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出身地が東か西かではなく、主にブレイクした時点での活動の本拠地を基準に区別されており、「関西芸人」には関西以外の西日本も含まれる(第15回の博多華丸の例がこれに当たる)。
  2. ^ 第30回放送のオープニングトークで東野が言及。
  3. ^ “『東西芸人いきなり!2人旅』がレギュラー化”. オリコン. (2011年4月23日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2010516/full/ 2012年4月30日閲覧。 
  4. ^ ただし行程中に寄り道などをして、予定していた場所に立ち寄らない場合もある。一例として、第29回では金刀比羅宮の参道までは来たものの、松尾伴内が金刀比羅宮へ登らずに旅館に行きたいと言い出し、参拝しなかった。また第36回では忍者修行の里 赤目四十八滝で忍者修行を行う予定だったが、移動中チャン・カワイの実家に立ち寄った後、矢野勝也がもう修行はいいと言い出し、忍者修行の里 赤目四十八滝には行かずにそのまま宿泊先に向かった。
  5. ^ インパルスがゲスト出演した『日10☆演芸パレード』(TBS系)が2013 ワールド・ベースボール・クラシック壮行試合 日本×オーストラリア戦の中継延長により、本来の放送時間から1時間35分繰り下げで放送されたため、朝日放送ではバッティングしてしまった。
  6. ^ 第1回から放送しているが、10月17日(16日深夜)は第6回を放送。かつては、水曜 0:50 - 1:50(火曜深夜)に放送していた。
  7. ^ 2013年3月30日までは土曜 13:00 - 13:55。
  8. ^ 11月10日は第7回を放送。11月24日は第10回を放送。
  9. ^ 毎週レギュラー版が放送されるが、セレクションとして放送され、放送順もABCでのものとは一致しない。特番第4弾での司会者の発言によると、東京の芸人は自分の回が放送されるかどうかをオーディションとして戦々恐々としているという。
  10. ^ 業界トップニュース』の1時間スペシャルを差し替え。
  11. ^ 旅VTRの序盤で「旅のしおり」を紹介する場面で流れる。
  12. ^ 旅VTRの終盤、宿泊先をチェックアウトした芸人が別れる場面で流れる。

関連項目[編集]

朝日放送 日曜23:15 - 翌0:10枠
前番組 番組名 次番組
東西芸人いきなり!2人旅
【この番組からローカルバラエティ枠】