東邦機械

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東邦機械 株式会社
TOHO MACHINE CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
114-0032
東京都北区中十条3-20-11号
設立 1947年(昭和22年)11月
業種 精密機器
代表者 下田晴忠
テンプレートを表示

東邦機械株式会社(トーホー)は、東京都北区の精密機器メーカー。

元来は受注により設備機械の製造を請け負っていたが、現在は主に大判カメラと音響製品を製作している。

概要[編集]

同社は1990年大判カメラ市場に参入した。組立暗箱ではない大型ビューカメラは商品撮影や建築撮影を専門とする業者以外はあまり使用しないため規模の小さな市場であり、いわばすでに飽和状態であって新規に参入するメーカーはほとんどなく、不況時の参入は業界関係者を驚かせた。

最初の製品はFC-45Aで重量が1.1kgと軽量であるのがセールスポイントである。

その後8×10in判のFC-810、5×7in判のFC-57、アオリ機構を排してさらに小型軽量化したFC-45miniを製作。また以前より高級オーディオ用トーンアームを製作している。

沿革[編集]

  • 1970年 高級オーディオ用ターンテーブルを真鋳で製作。トーンアームに応用無機材料や竹を使用。
  • 1992年 重量が1.1kgの4×5in判ビューカメラ、FC-45Aを製作。
  • 1994年 重量が3.0kgの8×10in判ビューカメラ、FC-810を製作。
  • 1994年 FC-810と共通のレールを使用し重量を2.5kgに抑えた5×7in判ビューカメラ、FC-57を製作。
  • 2000年 アオリ機構を排することで重量800gを実現した、FC-45miniを製作。