東部湯の丸サービスエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東部湯の丸サービスエリア
東部湯の丸サービスエリア(上り線)
東部湯の丸サービスエリア(上り線)
所属路線 E18 上信越自動車道
本線標識の表記 東部湯の丸
起点からの距離 88.6 km(藤岡JCT起点)
小諸IC (6.5 km)
(8.3 km) 上田菅平IC
供用開始日 1996年11月14日
上り線事務所 24時間
上り線GS ENEOS
24時間
下り線事務所 24時間
下り線GS Shell
7:00-22:00
所在地 389-0506
長野県東御市祢津
備考 東部湯の丸ICと併設。
テンプレートを表示
施設遠景(2008年10月)

東部湯の丸サービスエリア(とうぶゆのまるサービスエリア)は、長野県東御市上信越自動車道上にあるサービスエリアである。東部湯の丸IC東部湯の丸バスストップが併設されている。

インターチェンジとサービスエリアが併設されているため、一般道から東部湯の丸インターチェンジへ乗り入れた際に、藤岡(上り線)方面へ流入した場合に限り、当SAへ立ち寄ることが出来る。ただし上越(下り線)方面へ流入した場合、SAへ立ち寄ることは出来ない。

インフォメーション・FAXサービスは廃止された。

道路[編集]

施設[編集]

上り線(藤岡方面)[編集]

下り線(長野・上越方面)[編集]

下り施設
  • 駐車場
    • 大型 52台
    • 小型 78台
  • トイレ
    • 男性 大6(和式2・洋式4)・小16
    • 女性 20(和式4・洋式16)
      • 同伴の男児用 1
    • 車椅子用 1
  • ガソリンスタンド(昭和シェル石油(東洋)7:00-22:00)
    • 長野道方面に向かう場合、次に給油施設があるエリアは梓川SAとなる(姨捨SAには、開設当初から給油施設は設置されていない)。
  • 給電スタンド(24時間)
  • バス停留所
  • レストラン(千曲観光)(9:00-21:00)
  • スナック(24時間)
  • 第2スナック「おこびれ処」(3月~11月 8:00~17:00・12月~2月 8:00~15:00)
  • ショッピング(24時間)
  • ベーカリー「Bread's Court」(8:00-20:00)
  • 自動販売機
  • ハイウェイ情報ターミナル
  • 高速道路六千キロ開通記念碑

東部湯の丸バスストップ[編集]

東部湯の丸バスストップ(2008年10月)

東部湯の丸バスストップ(とうぶゆのまるバスストップ)は、長野県東御市上信越自動車道東部湯の丸サービスエリア内に併設されている高速バス停留所である。

停車する路線[編集]

[編集]

E18 上信越自動車道
(8)小諸IC - (9)東部湯の丸IC/SA - (10)上田菅平IC

山岳展望板[編集]

2017年1月、展望板に、燕岳から大天井岳への稜線を「穂高連峰」とする誤表示が、20年間も放置されていることが分かった。道路と施設を管理する東日本高速道路も誤りを認め、近く、この展望板を撤去する方針を示した。旧日本道路公団が1996年に建てた「高速道路六千キロ開通記念碑」のある広場に展望板はあり、ステンレス製で山並みの線画の上に山名と標高が刻んであった。広場からの穂高連峰の展望は、手前に見える山並みに隠れているが、山岳展望に詳しい人なら、手前の山並みの尾根のくぼんだ部分から顔をのぞかせる鋭い穂先の槍ケ岳を見逃さない。穂高連峰は槍ケ岳の南側にある。さらに「針木岳」と示されている表示も「鹿島槍ケ岳」の誤りである。 山岳展望に詳しい地理学者で、日本地図センター常務理事の田代博は「山岳県・信州にある山岳展望図として残念。簡単な操作で山岳展望図を描けるパソコンソフトもある時代に、なぜ、こんな間違いが起こったのか」と指摘する。展望板設置について、東日本高速道路関東支社の広報課は「分割民営化前で、20年以上前のこと。当時を知る職員がおらず、どんな経緯で設けたのかは分からない。20年間もとんちんかんな表示に気付かず申し訳ない」と話す。これまで、誤記についての苦情や指摘は寄せられていないという[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]