東野葵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東野 葵
埼玉西武ライオンズ #125
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市南区
生年月日 (1996-11-30) 1996年11月30日(23歳)
身長
体重
183 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 育成選手ドラフト1位
年俸 350万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

東野 葵(とうの あおい、1996年11月30日 - )は、福岡県福岡市南区出身[2]プロ野球選手投手育成選手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福岡市立東花畑小学校2年生の頃に「自由ケ丘ベアーズ」においてソフトボールを始め、福岡市立花畑中学校時代は、硬式野球の「福南ボーイズ」で投手としてプレーする[2]

高校は福岡第一高等学校に進学。1年生の夏から背番号13番でベンチ入りを果たし[2]第94回選手権福岡大会は、決勝戦の対飯塚高校戦で2番手で登板するも、2対4で敗れ甲子園出場はならなかった[3]。1番・中堅手で出場した3年生の夏の第96回選手権福岡大会では、1安打を放つも祐誠高校に初戦敗退する[4]

大学は日本経済大学に進学し、1年生の春季リーグ戦から登板[2]。4年生の7月に左肘の炎症の為、ノースローの時期があったが、9月の福岡六大学野球リーグ・秋季リーグ戦、対九州共立大学戦において、5回を1安打無失点、5奪三振の好投をみせる[5]

2018年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議において、埼玉西武ライオンズから育成ドラフト一巡目指名され[6]、支度金350万円、年俸400万円(金額は推定)で契約合意に達し[7]、12月13日、所沢市内で入団発表会見が行われた[8]

背番号は125

プロ入り後[編集]

選手としての特徴[編集]

人物[編集]

  • ギターを高校の頃から始め、ピアノは桑田真澄が弾けると聞き、指先が器用になるかなと思い、大学から始めて趣味にしている[11]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 125 (2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年12月26日閲覧。
  2. ^ a b c d 日経大Wエース有終初Vだ 福岡六大学野球秋季L1日開幕”. 西日本スポーツ (2018年8月31日). 2019年4月18日閲覧。
  3. ^ 第94回全国高校野球選手権福岡大会 飯塚―福岡第一(決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2012年7月28日). 2019年4月18日閲覧。
  4. ^ 第96回全国高校野球選手権福岡大会 祐誠―福岡第一(2回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2014年7月9日). 2019年4月18日閲覧。
  5. ^ a b 日経大が無傷の九共大に完封リレー 東野5回1安打5K 福岡六大学野球”. 西日本スポーツ (2018年9月17日). 2019年4月18日閲覧。
  6. ^ 2018年ドラフト 西武指名選手一覧”. 西日本スポーツ (2018年10月25日). 2019年4月18日閲覧。
  7. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2019』廣済堂出版、2019年、39頁。ISBN 978-4-331-80410-0。
  8. ^ 2018/12/13(木) チーム 本日12/13「2018ドラフト新入団選手発表会」を実施!”. 埼玉西武ライオンズオフィシャルサイト (2018年12月13日). 2019年4月18日閲覧。
  9. ^ 【プロ野球 ドラフト会議情報】東野 葵”. 中日スポーツ. 2019年4月18日閲覧。
  10. ^ 育成枠積極活用の西武 東野、大窪、中熊に期待高まる”. SPAIA. 2020年1月22日閲覧。
  11. ^ 西武育成東野「指先器用に」桑田氏見習いピアノ演奏”. 日刊スポーツ (2018年12月13日). 2019年4月18日閲覧。

関連項目[編集]