東隆眞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

東 隆眞 (あずま りゅうしん、1935年12月20日-)は、日本仏教学者曹洞宗僧侶大乗寺山主、同専門僧堂堂長。元駒沢女子大学学長、同大名誉教授。 専門は瑩山紹瑾

略歴[編集]

受賞歴[編集]

  • 1969年、日本印度学仏教学会賞
  • 1995年、東京都功労者

著書[編集]

  • 『道元小事典』(春秋社、1982年)
  • 『洞谷記に学ぶ - 日本初期曹洞宗僧団の胎動』(曹洞宗宗務庁、1982年)
  • 『わが家の宗教 曹洞宗』(大法輪閣、1983年)
  • 『曹洞宗信行教典』(鎌倉新書、1984年)
  • 『正法眼蔵随聞記に聞く』(教育新潮社、1985年)
  • 『誓願に生きる』(曹洞宗宗務庁、1990年)
  • 『太祖瑩山禅師』(国書刊行会、1996年)
  • 『仏陀から道元への道 - インド・ネパール仏蹟巡礼記』(国書刊行会、2000年)
  • 『禅と女性たち』(青山社、2000年)
  • 『日本の仏教とイスラーム』(春秋社、2002年)
  • 『信心銘拈提を読む』(春秋社、2003年)
  • 『大乘寺を開いた徹通義介禅師』(久松文雄絵、大乗寺、2005年)
  • 『『坐禅用心記』に参ずる』(大法輪閣、2007年)
  • 『敬礼 - 大乘寺開山徹通義介禅師 - 貧<節倹と陰徳>の家風に学ぶ』(大乗寺、2007年)

翻訳[編集]

編著[編集]

  • 『正法眼蔵随聞記 - 五写本影印』(道元著、圭文社、1980年)
  • 『徹通義介禅師研究』(大乗寺・大法輪閣、2006年)
  • 『大乘寺開山徹通義介禅師関係資料集』(大乗寺・春秋社、2008年)

共編著[編集]

訓注・解説[編集]

  • 『瑩山禅師清規』(瑩山紹瑾著・鏡島元隆監修・校閲、大法界閣書店、1974年)

博士論文[編集]

論文[編集]

記念論集[編集]

  • 『禅の真理と実践 - 東隆眞博士古稀記念論集』(春秋社、2005年)

参考文献[編集]

  • 「東隆眞博士 略歴・主要業績」(『禅の真理と実践 - 東隆眞博士古稀記念論集』、春秋社、2005年)
先代:
酒井澄龍
大乗寺山主
第73世:2002年-
次代:
先代:
駒沢女子大学長
1995年-2002年
次代: