東雲キャナルコート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
東雲キャナルコート
情報
用途 共同住宅、商業施設、庁舎、児童・高齢者総合施設、都市公園
敷地面積 約164,000 m²
戸数 約6,000戸(賃貸住宅約3,000戸、分譲住宅約3,000戸)
着工 2001年
竣工 2003年
所在地 東京都江東区東雲一丁目
テンプレートを表示

東雲キャナルコート(しののめキャナルコート、Shinonome Canal Court)は、東京都江東区東雲一丁目にある再開発事業の総称・愛称である。三菱製鋼の工場跡地に大規模マンションや商業施設などが建設された。

概要[編集]

1995年東京駅から5㎞圏内の辰巳運河晴海通りにはさまれた工場跡地約16.4haのうち、13.9haを住宅・都市整備公団(現:都市再生機構・UR)、残りの2.5haを三菱地所三菱商事、菱進都市開発の三菱グループ3社が開発を目的に取得。2001年に建設工事が着工される[1]

計画地はアメニティの高い「辰巳運河ゾーン」、商業業務利用が期待される「晴海通りゾーン」、その間と「中央ゾーン」からなる[2]。なお、三井不動産グループの三井不動産レジデンシャルが開発したパークタワー東雲の建つ一角はキャナルコートの開発地区では無い。

構成する施設[編集]

中央ゾーン
  • 東雲キャナルコートCODAN
    5街区は当初から民間供給支援型賃貸住宅制度を活用し、定期借地によりURの土地を東京建物が賃借して住棟を建設。「Brillia ist 東雲キャナルコート」として運営されている。残りの街区の住棟は、2019年11月からURに代わって東急住宅リースの管理・運営に移行している。
辰巳運河ゾーン
晴海通りゾーン

沿革[編集]

  • 1999年平成11年)11月15日 都市計画決定(東雲一丁目地区)。
  • 2001年(平成13年)10月30日 地区名称「東雲キャナルコート」を発表[4]
  • 2003年(平成15年)10月28日 イオン東雲ショッピングセンターオープン。
  • 2004年(平成16年)中央ゾーンが照明普及賞 優秀施設賞をに選出。
  • 2005年(平成17年)10月25日 中央ゾーンが2005年度グッドデザイン金賞に選出[5]
  • 2006年(平成18年)7月20日 中央ゾーンが第47回BCS賞(建築業協会賞)選出[6]
  • 2013年(平成25年)中央ゾーンが都市住宅学会賞 業績賞に選出。

最寄り駅[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]