東静子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あずま しずこ
東 静子
生年月日 (1930-08-22) 1930年8月22日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市(現在の東京都
ジャンル 女優
活動期間 1953年 - 1998年
活動内容 劇映画時代劇現代劇特撮映画)、テレビドラマ
主な作品
ゴジラ

東 静子(あずま しずこ、1930年8月22日 - 没年不詳)は、日本の女優である[1][2][3]

来歴・人物[編集]

1930年(昭和5年)8月22日東京府東京市(現在の東京都)に生まれる[1][2][3]

東宝演技研究所を経て、東宝の専属俳優となる[1][2]1953年(昭和28年)に公開された千葉泰樹監督映画『ひまわり娘』で映画デビュー[1]。芸名は東宝の「東」と「宝」を宝田明と分け合って名付けられた[2][3]

東宝の俳優専属システム崩壊後は、新星プログループに所属[2][3]記平佳枝川口節子らと共に映画テレビドラマで長く活躍した[2]

1998年(平成10年)以降の出演作品が見当たらず、加藤茂雄によると既に故人であるというが、詳細な没年月日は不明である[4]没年不詳

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • でっかい青春 第7話「どんじりの栄冠」(1967年)
  • ウルトラQ 第28話(最終回)「あけてくれ!」(1967年):婦人(異次元列車乗客)
  • 大忠臣蔵(1971年)
  • 帰ってきたウルトラマン 第2話「タッコング大逆襲」(1971年):藤田由紀子(洋装店「スノー」のママ)
  • ファイヤーマン 第8話「恐怖のミクロ怪獣」(1973年):みどり台団地の住人 ※ノンクレジット
  • マドモアゼル通り 第15話「明日に向って泣く」(1973年)
  • 太陽にほえろ!
    • 第54話「汚れなき刑事魂」(1973年) - 滝田染子
    • 第83話「午前10時爆破予定」(1974年) - 城東大学病院の看護婦
    • 第184話「アリバイ」(1976年) - 田沢家の近所の主婦
    • 第322話「誤射」(1978年)
    • 第612話「怒れる狙撃者」(1984年) - 中村家の近所の主婦
    • 第685話「ロッキーの白いハンカチ」(1986年) - マンションの住人
  • 大江戸捜査網 第3シリーズ
    • 第20話「みなごろし長屋騒動」(1974年)
    • 第46話「おんな牢秘話」(1974年)
    • 第78話「隠密同心胡蝶 炎の彼方に」(1975年)
    • 第94話「地下に眠る美女」(1975年)
    • 第133話「闇夜に咲いた夫婦花」(1976年)
    • 第141話「牢破り無情」(1976年)
    • 第149話「涙で斬った地獄花」(1976年)
    • 第173話「仇討ち女三味線」(1977年)
    • 第228話「無法を裁く怒りの群集」(1978年)
    • 第310話「豪雨に消えた謎の美女」(1979年)
  • 高校教師 第3話「家庭教師はお呼びじゃない」(1974年)
  • 幡随院長兵衛お待ちなせえ 第4話「大江戸暴れ馬」(1974年)
  • 破れ奉行 第36話「待伏せ! 老中暗殺」(1977年)
  • 暴れ九庵 第15話「下駄が落した愛」(1985年)
  • ザ・ハングマンV 第27話(最終回)「マイホームの夢が消えて解散!!」(1986年)
  • みちのく鳴子温泉同窓会殺人事件(1988年)
  • 陸加賀温泉お見合いツアー殺人事件 実年素人探偵とおんな秘書の名推理 湯けむりの向うに妖しい殺意(1989年)
  • ホテル大火災の殺人トリック! 60分の1秒謎解きの死角(1990年)
  • 刑事貴族(1990年 - 1992年)※出演回は不明
  • 代表取締役刑事(1990年 - 1991年)※出演回は不明
  • 魔性の宿・密会殺人事件(1990年)
  • ウルトラマンティガ 第17話「赤と青の戦い」(1997年):おばあさん
  • エコエコアザラク 第25話「妹」(1997年)
  • はみだし弁護士・巽志郎3 女子高生援助交際殺人事件! 歪んだ愛の果て!? 3枚の写真の謎を追い美人検事と鹿児島・指宿へ(1998年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『東宝特撮映画全史』東宝株式会社、1983年、527頁。
  2. ^ a b c d e f 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社(洋泉社MOOK)、2014年、113頁。
  3. ^ a b c d 『モスラ映画大全』洋泉社(洋泉社MOOK)、2011年、15頁。
  4. ^ 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』2014年、洋泉社、112頁。