杵屋六左衛門 (14代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
じゅうよだいめ きねや ろくざえもん
十四代目杵屋六左衛門
十四代目杵屋六左衛門
1955年
本名 杵屋安彦
生年月日 (1900-10-06) 1900年10月6日
没年月日 (1981-08-23) 1981年8月23日(80歳没)
出生地 東京都中央区日本橋
死没地 東京都
国籍 日本の旗
職業 江戸長唄宗家家元
活動期間 1911年–1981年
活動内容 江戸長唄唄方
著名な家族 父 十三代目杵屋六左衛門(寒玉)
長男 十五代目杵屋喜三郎
次女 十五代目杵屋六左衛門
主な作品
大江山酒呑童子
『能阿』
『母を恋ふるの記』
『壇の浦』
他400曲あまり。 
受賞
1956年 文部大臣賞
1961年 日本芸術院賞
1967年 毎日演劇賞
1968年 毎日映画コンクール音楽賞

十四代目 杵屋 六左衛門(じゅうよだいめ きねや ろくざえもん 1900年明治33年)10月6日 - 1981年昭和56年)8月23日)は、江戸長唄の十四世宗家家元重要無形文化財保持者(人間国宝)。本名は杵屋 安彦(きねや やすひこ)。父の代までは三味線方の家系だったが、彼の代から唄方に転向した。

来歴[編集]

  • 1900年(明治33年)10月6日  東京都中央区日本橋十三代目杵屋六左衛門(寒玉)の長男として生まれる。
  • 1911年(明治44年) 十四代目杵屋喜三郎を襲名。
  • 1916年(大正5年)  十四代目杵屋六左衛門を襲名、杵屋十四世宗家家元になる。唄方に転向し、四代目吉住小三郎(慈恭)に師事。
  • 1927年(昭和2年)  帝国劇場邦楽部長に就任(〜1931年)。
  • 1944年(昭和19年) 旧制東京音楽学校教授に就任。
  • 1945年(昭和20年) 長唄協会会長に就任(後に名誉会長)。
  • 1958年(昭和33年) ブリュッセル万博に文化使節として参加。
  • 1974年(昭和49年) 重要無形文化財保持者に各個認定される(いわゆる人間国宝)。
  • 1981年(昭和56年)8月23日  死去、満80歳。

新橋芸妓組合の長唄の師匠として、「東をどり」の新作舞踊の作曲も手掛ける。

受章等[編集]

作曲[編集]

他400曲あまりを作曲する。また映画『楢山節考』の音楽も手がけている。

家族[編集]