杷木町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はきまち
杷木町
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設合併
甘木市朝倉郡朝倉町杷木町朝倉市
現在の自治体 朝倉市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
朝倉郡
団体コード 40441-1
面積 44.98km2
総人口 8,155
国勢調査、2005年)
隣接自治体 甘木市うきは市朝倉郡朝倉町東峰村大分県日田市
町の木 イチョウ
町の花 ヒマワリ
町の鳥 コジュケイ
杷木町役場
所在地 838-1592
福岡県朝倉郡杷木町池田483番1号
座標 (町役場)東経130度48分
北緯33度21分
 表示 ウィキプロジェクト

杷木町(はきまち)は、福岡県の中南部に位置していたで、朝倉郡に属していた。旧上座郡

2006年3月20日、隣接する甘木市朝倉町と対等合併し、朝倉市(あさくらし)となった。

地理[編集]

歴史[編集]

古代[編集]

延喜式』巻廿二には、筑前国上座郡の地名として、杷木の地名が既に見られる。同じく、『延喜式』巻廿八兵部省には駅の設置された地名に杷伎の名で登場し、大宰府から豊後への駅の一つが設置されていたと考えられる。杷木町の中心部にある杷木神籠石は、筑後川にせり出した尾根上にあり、高良山神籠石を視認出来ることから、古代交通の拠点を防衛する神籠石式山城と考えられる。

中世[編集]

杷木町を囲む尾根上に多くの山城が築造される。杷木神籠石上に築造された長尾城・鵜ノ木城は、大友宗麟秋月種実の衝突の中で、秋月氏の出城として用いられている。

近現代[編集]

  • 1889年4月1日 - 町村制施行に伴い上座郡池田村、白木村、林田村、穂坂村が合併し杷木村が発足。他に松末村・久喜宮村・志波村が発足。
  • 1896年4月1日 - 上座郡・下座郡夜須郡が統合され朝倉郡となる。
  • 1939年4月17日 - 町制施行し、杷木村が杷木町となる。
  • 1951年4月1日 - 杷木町・松末村・久喜宮村・志波村が合併し、杷木町を新設。
  • 1957年4月1日 - 朝倉郡朝倉村浮羽郡吉井町と境界の一部を変更。
  • 2006年3月20日 - 甘木市、朝倉町と合併し、朝倉市となり消滅。

行政[編集]

  • 町長 : 師岡幹治(最終代)

経済[編集]

産業[編集]

  • 農業を中心とするが、町の南西部にある原鶴温泉に代表される観光業も盛んである。
  • 道路交通の便を活かし、町の南東部に林田工業団地が造成された。

地域[編集]

教育[編集]

保育所・幼稚園[編集]

  • 杷木町立杷木保育所
  • 杷木町立久喜宮保育所
  • 杷木町立志波保育所
  • 杷木町立松末保育所
  • 杷木東幼稚園(私立)

小学校[編集]

  • 杷木町立杷木小学校
  • 杷木町立久喜宮小学校
  • 杷木町立志波小学校
  • 杷木町立松末小学校

中学校[編集]

  • 杷木町立杷木中学校

高等学校[編集]

交通[編集]

町内に鉄道路線はないが、町の中心部に近い場所には久大本線筑後大石駅がある。

バス路線[編集]

町の中心部にある杷木バスターミナル(西鉄バス両筑杷木支社)から発着する。バスターミナルと杷木インターチェンジが近接しているため、高速バスは一度高速道路を出てバスターミナルに立ち寄る。

高速バス[編集]

一般路線バス[編集]

道路[編集]

高速道路
一般国道
主要地方道
道の駅

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

観光スポット[編集]

史跡[編集]

  • 杷木神龍石

祭事[編集]

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目[編集]