松下一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松下 一郎
140323 Ichiro Matsushita, bullpen catcher of the Yokohama DeNA BayStars, at Seibu Dome.JPG
2014年3月23日、西武ドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市東灘区
生年月日 (1988-07-19) 1988年7月19日(30歳)
身長
体重
172 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手外野手
プロ入り 2010年 育成ドラフト1位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松下 一郎(まつした いちろう、1988年7月19日 - )は、兵庫県神戸市東灘区出身の元プロ野球選手捕手外野手)。

経歴[編集]

兵庫県神戸市東灘区で出生した直後に、父の仕事の都合でロンドンに移住、6歳まで過ごす。帰国後の神戸市立御影小学校3年時に野球を始めた。

神戸市立六甲アイランド高等学校への進学後は、硬式野球部の主将を務める。3年夏の県大会では3回戦敗退。強豪・報徳学園と対戦、2点リードで9回を迎えたが惜しくもサヨナラ負け。

「文武両道でやりたい」とスポーツ推薦の誘いを断り、一般入試で関西外国語大学短期大学部に進学[1]阪神学生野球リーグに1年秋から出場。

その後、関西外大外国語学部英米語学科に3年次編入学。3年春から正捕手になり、主将になった4年春には打率.341をマーク。初の打撃10傑入りを果たし、 秋は主に5番を任された。リーグ通算打率.243、44安打、1本塁打。 同期の西原圭大とバッテリーを組んだ。

2010年10月28日、プロ野球ドラフト会議で、横浜ベイスターズの育成1位指名を受け、11月6日に支度金200万円、年俸300万円で契約した。2013年10月3日に球団より戦力外通告を受けた[2]。通告後は、10月31日の自由契約公示[3]を経て、2014年から同球団のブルペン捕手に転身した[4]。2016年まで務め同年オフに退団。

2017年1月から外資系IT企業に勤める。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 116 (2011年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ “プロ野球育成ドラフト横浜1位 松下、飛躍を誓う”. 神戸新聞. (2010年11月6日). http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/0003587425.shtml [リンク切れ]
  2. ^ 2014年度選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ (2013年10月3日). 2013年10月7日閲覧。
  3. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月3日閲覧。
  4. ^ 惜別球人2013 【横浜】松下 一郎捕手”. スポーツニッポン (2013年12月12日). 2013年12月12日閲覧。

関連項目[編集]