松下麻理緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松下 麻理緒(まつした まりお)は、日本小説家推理作家東京都生まれと福岡県生まれの女性2人による共同ペンネーム[1]

東京女子大学心理学科を同期で卒業。2007年、『誤算』で第27回横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞を受賞した(この回の大賞受賞者は桂美人大村友貴美)。受賞時は56歳で、東京都在住[2]

前年の2006年には、「松下麻緒」名義の『毒殺倶楽部(ポイズンくらぶ)』で第16回鮎川哲也賞の佳作になっている[2](この回の受賞者は麻見和史、もう1人の佳作は似鳥鶏)。『毒殺倶楽部』は受賞後13年間未刊行だった。

作品リスト[編集]

  • 誤算 (2007年10月、角川文庫)ISBN 978-4043866014
  • 流転の女 (2011年10月、角川書店)ISBN 978-4048742184
    • (改題) 流転 (2019年3月、角川文庫) ISBN 978-4041076552
  • 毒殺倶楽部 (2019年10月、朝日文庫)ISBN 978-4022649317

脚注[編集]

  1. ^ 『誤算』著者紹介参照