松井健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

松井 健(まつい たけし、1949年6月17日 - )は、日本の人類学者、東京大学東洋文化研究所名誉教授。

来歴[編集]

大阪府大阪市出身[1]。1972年京都大学理学部動物学科卒、1976年同大学院博士課程中退、1980年「琉球諸島における貝類のエスノ・サイエンスと民俗分類」で京大理学博士。1976年京都大学人文科学研究所助手、1983年神戸学院大学教養部助教授、1991年教授、1992年東大東洋文化研究所助教授、1994年教授。2015年定年退任。

特に人類学から見た自然の問題、民族誌記述の方法論(認識人類学)、琉球西南アジア民族誌を専攻。最近、地域文化と工芸についての研究を新しく始めた。1984年渋沢敬三賞受賞。

著書[編集]

  • 『パシュトゥン遊牧民の牧畜生活 北東アフガニスタンにおけるドゥラニ系パシュトゥン族調査報告』京都大学人文科学研究所 1980
  • 『自然認識の人類学』どうぶつ社(自然誌選書)1983
  • 『セミ・ドメスティケイション 農耕と遊牧の起源再考』海鳴社 1989
  • 『琉球のニュー・エスノグラフィー』人文書院(神戸学院大学教養部人間科学研究叢書)1989
  • 『認識人類学論攷』昭和堂 1991
  • 『自然の文化人類学』東京大学出版会 1997
  • 『文化学の脱=構築 琉球弧からの視座』榕樹書林(琉球弧叢書) 1998
  • 『西南アジア遊牧民族記』歴史民俗博物館振興会(歴博ブックレット)2000
  • 『遊牧という文化 移動の生活戦略』吉川弘文館歴史文化ライブラリー)2001
  • 柳宗悦と民藝の現在』吉川弘文館(歴史文化ライブラリー)2005
  • 『西南アジアの砂漠文化 生業のエートスから争乱の現在へ』人文書院(東京大学東洋文化研究所研究報告)2011
  • 『民藝の擁護 基点としての〈柳宗悦〉』里文出版 2014
  • 金城次郎とヤチムン 民藝を生きた沖縄の陶工』榕樹書林(がじゅまるブックス)2016

共著編[編集]

  • 自然観の人類学 榕樹書林 2000.9
  • 核としての周辺 京都大学学術出版会 2002.8 (講座・生態人類学)
  • 開発と環境の文化学 沖縄地域社会変動の諸契機 榕樹書林 2002.12
  • 沖縄列島 シマの自然と伝統のゆくえ 東京大学出版会 2004.3 (島の生活世界と開発)
  • 生活世界からみる新たな人間-環境系 大塚柳太郎,篠原徹共編 東京大学出版会 2004.5 (島の生活世界と開発)
  • 中東 堀内正樹共編 明石書店 2006.1 (講座世界の先住民族)
  • 自然の資源化 弘文堂 2007.12 (資源人類学)
  • グローバリゼーションと「生きる世界」―生業からみた人類学的現在 名和克郎、野林厚志共編 昭和堂 2011

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.343

参考[編集]

  • J-GLOBAL