松井孝允

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松井 孝允(まつい たかみつ、1987年12月15日 - )は、日本レーシングドライバー広島県福山市出身。

経歴[編集]

レーシングカートを経て、2006年にFJ1600の岡山シリーズでレースデビュー。4勝を挙げてチャンピオンに輝き、翌年にはTDP入りして若手ドライバーの育成シリーズであるフォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)にステップアップ。しかし2008年をもってTDPを放出された。

その後はSUPER GT活動を休止した土屋エンジニアリング土屋武士に拾われ、神奈川県藤沢市に移住し、社員として働きながら経験を積んだ。2010年には再びFCJに挑戦、シリーズランキング2位となった[1]。ツーリングカーでも、2009年にスーパー耐久にST-4クラスからホンダ・シビックで参戦し、1勝を挙げてチャンピオンを獲得した。2013年にはポルシェ・カレラカップ、2014年にはJAF-F4アジアン・ル・マン・シリーズにスポット参戦[2]している。

2015年には86MCで復活する土屋エンジニアリングから参戦。パートナーの土屋武士は「松井をGT500に上げる」という使命に燃えており、松井はその期待に応え菅生で初勝利を上げた。同年ニュルブルクリンク24時間レースにもTOYOTA GAZOO Racingからレクサス・RCでデビューし、SP-3Tクラス4位完走を果たした。

2016年にはSUPER GTに並行して全日本F3選手権のNクラスにスポット参戦し、2連勝を収めた[3]。またGTでは、最終戦もてぎで土屋のスタートで10番手まで後退したが、土屋は早めにピットインしてタイヤ無交換で松井に交代。松井はその後タイヤを持たせながらも素晴らしい速さを見せ、トヨタ・プリウスを躱し優勝。勇退する土屋のキャリアの最後をドライバー・チームチャンピオン獲得で飾り、その才能を示した。

しかしながらGT500昇格とはならず、2017年・2018年もつちやエンジニアリングからの参戦は続いている。

戦績[編集]

SUPER GT[編集]

チーム マシン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2015年 VivaC team TSUCHIYA トヨタ・86 MC GT300 OKA
6
FSW
Ret
CHA
7
FSW
5
SUZ
23
SUG
1
AUT TRM 11位 35
2016年 GT300 OKA
6
FSW
3
TRM
7
SUG
2
FSW
13
SUZ
22
CHA
1
TRM
1
1位 78
2017年 GT300 OKA
4
FSW
15
AUT
1
SUG
3
FSW
29
SUZ
18
CHA
15
TRM
5
5位 45
2018年 つちやエンジニアリング GT300 OKA
3
FSW
Ret
SUZ
2
CHA
19
FSW
5
SUG
24
AUT
24
TRM
8
7位 39
2019年 GT300 OKA
Ret
FSW
18
SUZ
7
CHA
FSW
AUT
SUG
TRM
10位 7
  • 太字はポールポジション。

エピソード[編集]

  • 土屋武士とは最初、FTRSで先生と生徒の関係であった。土屋は「才能だけをとったら充分日本のトップになれるものを持っている」[4]と松井の才能を高く評価しながらも、「気持ちが弱い」という弱点を指摘しており、松井のGT300初優勝の際も「まだGT500に上がるにはここ(心)の強さが足りない」と語っている[5]
  • 愛車はトヨタ・86で、職場で自らチューニングを行っている。

脚注[編集]

関連項目[編集]