松井義弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
松井 義弥
読売ジャイアンツ #65
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県田川市
生年月日 (2000-06-18) 2000年6月18日(20歳)
身長
体重
191 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2018年 ドラフト5位
年俸 520万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松井 義弥(まつい よしや、2000年6月18日 - )は、福岡県田川市出身[2]プロ野球選手内野手)。右投左打。読売ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

田川市立金川小学校1年生から「香小エルテックス」で軟式野球を始め、田川市立金川中学校では同校の軟式野球部に所属し、投手捕手としてプレーする[2]

高校は、北九州市折尾愛真高校に進学。1年生の春からベンチ入りし、1年生の夏から4番・遊撃手として試合に出場する[2]。3年生の夏の第100回全国高等学校野球選手権大会に同校として初めての甲子園出場を果した[2]。3番・三塁手として出場した対日大三高戦では、4打数1安打を記録するも初戦敗退となった[3]

2018年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議において、読売ジャイアンツからドラフト五巡目指名され[4]、11月17日、北九州市内のホテルにて入団交渉を行い、契約金3,500万円、年俸500万円(金額は推定)で契約合意に達し[5]、11月23日、東京ドームで開催された「ジャイアンツ ファンフェスタ2018」において新入団選手発表が行われた[6]

背番号65

プロ入り後[編集]

2019年は二軍で20試合、本塁打1、打率.136の成績を残した。

選手としての特徴[編集]

高校通算40本塁打のスラッガー[4]

191cmの長身で50メートル走6秒1と俊敏性も併せ持ち、身体能力が魅力[5]

人物[編集]

松井秀喜と同姓であることから「九州のゴジラ」と称される[7]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 65 (2019年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2020年10月31日閲覧。
  2. ^ a b c d “九州のゴジラ”25日運命のドラフト会議 折尾愛真の松井、高校通算40本塁打”. 西日本スポーツ (2018年10月24日). 2018年4月17日閲覧。
  3. ^ 第100回全国高校野球選手権記念大会 日大三―折尾愛真(1回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2018年8月10日). 2019年4月17日閲覧。
  4. ^ a b 巨人5位松井将来は「主軸」原監督もゴジラ超え期待”. 日刊スポーツ (2018年10月29日). 2019年4月17日閲覧。
  5. ^ a b 巨人ドラ5松井、同姓「ゴジラ以上に」4番へ大志”. 日刊スポーツ (2018年11月18日). 2019年4月17日閲覧。
  6. ^ 巨人、ファンフェスタで新入団選手発表 初のユニ姿D1位・高橋「感謝しています」”. SANSPO.COM (2018年11月23日). 2019年4月17日閲覧。
  7. ^ 九州のゴジラ!高校通算40発の巨人5位松井が初弾”. 日刊スポーツ (2019年3月5日). 2019年4月17日閲覧。

関連項目[編集]