松亭駅 (釜山広域市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松亭駅
新駅舎
駅名標
1段目:新駅舎
2段目:駅名標
송정
ソンジョン
Songjeong
新海雲台K120 (2.9km)
(1.1km) K122オシリア
所在地 釜山広域市海雲台区海雲台路1147
位置座標
駅番号 K121
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
所属路線 東海電鉄線
キロ程 22.8km(釜山鎮起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
開業年月日 1934年12月16日
松亭駅
各種表記
ハングル 송정역
漢字 松亭驛
片仮名
(現地語読み仮名)
ソンジョンニョク
英語 Songjeong Station
テンプレートを表示

松亭駅(ソンジョンえき)は、大韓民国釜山広域市海雲台区にある韓国鉄道公社(KORAIL)広域電鉄東海線(旧東海南部線)のである。貨物取扱駅のため、構内はヤードが広がっている。

駅構造[編集]

  • 島式ホーム2面4線の高架駅。浦項方に低床ホームがあり、広域電鉄開業までは一般列車が停車していた。

駅階層[編集]

地上
2階
1番線 広域電鉄 東海線 釜田方面へ新海雲台駅
身障者用エレベーター島式ホーム
2番線 広域電鉄 東海線 釜田方面へ(新海雲台駅)
3番線 広域電鉄 東海線 日光駅方面へオシリア駅
身障者用エレベーター島式ホーム
4番線 広域電鉄 東海線 日光方面へ(オシリア駅)
地上 コンコース階 身障者用エレベーター出入口、コンコース、自動券売機改札口エスカレーター、トイレ

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 7月10日 - 貨物取扱停止(鉄道庁告示第1976-15号)
  • 12月23日 - 旧駅舎新築竣工。
  • 11月7日 - 釜山鎮起点23.7kmに変更。(国土交通省告示第2013-652号、2013年11月7日)
  • 12月2日 - 水営 - 機張間移設と松亭洞120-1に移転。(国土交通省告示第2013-652号、2013年11月7日)
  • 4月29日 - 釜山鎮起点22.8kmの場所への移転と路線の東海線への編入が告示(施行は広域電鉄開業時)。[2]
  • 12月9日 - ダイヤ改正によりムグンファ号の停車がなくなる。
  • 12月30日 - 電化とともに東海電鉄線運行開始[2]

ギャラリー[編集]

新駅舎[編集]

旧駅舎[編集]

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
東海線(ムグンファ号)
新海雲台駅 - 全列車通過 - 機張駅
広域電鉄東海線
新海雲台駅 - 松亭駅 - オシリア駅

脚注[編集]

関連項目[編集]