松前広国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
松前広国
時代 江戸時代前期
生誕 寛永8年(1631年
死没 天和2年3月10日1682年4月17日
別名 八之助
墓所 宮城県白石市の傑山寺
主君 伊達忠宗綱宗綱村
仙台藩
氏族 松前氏
父母 松前安広、喜佐
兄弟 片倉景長広国、長、夏、鶴、六、
片倉吉長、古内義憲、為広
石田常員娘

養子:為広
テンプレートを表示

松前 広国(まつまえ ひろくに)は、江戸時代前期の仙台松前氏仙台藩準一家、松川松前氏)2代当主。伊達騒動を題材にした「伽羅先代萩」の登場人物である松前鉄之助のモデルとして知られる。

生涯[編集]

寛永8年(1631年)、仙台松前氏初代当主・松前安広の二男として誕生。兄・片倉景長が母方の片倉氏を継いでいため跡取りとなり、明暦2年(1656年)3月21日、父の隠居に伴い仙台松前氏2代当主となる。

寛文5年(1665年)に江戸番頭となり、幼少の藩主・亀千代(のちの伊達綱村)に近侍する。この経歴から「伽羅先代萩」において幼君・鶴喜代の傅役に、広国をモデルとした人物が当てられることとなった。寛文9年(1669年)3月には品川藩邸で隠居していた伊達綱宗の付家老に転じ、延宝4年(1676年)には若年寄に就任した。

天和2年(1682年)3月10日死去。享年52。広国には男子がおらず、一人娘の市は延宝8年(1680年)に片倉村長(景長の子)に嫁いでいたため、末弟の為広が家督を相続した。

系譜[編集]

  • 父:松前安広(1606-1668)
  • 母:喜佐 - 片倉重長の長女
  • 正室:石田常員の娘
  • 養子
    • 男子:松前為広 - 五弟。3代当主
               ┏片倉景長━━片倉村長
片倉重長━━喜佐   ┃          ┃
         ┣━━━╋松前広国━━━市
       松前安広  ┃
               ┗松前為広

参考文献[編集]

  • 『角田市史』2 通史編下(宮城県角田市、1986年)
  • 平成『古川市史』第七巻 資料Ⅱ(宮城県古川市、2001年)