松前紀男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松前 紀男(まつまえ のりお、1931年 (昭和6年) 2月11日 - 2016年 (平成28年) 1月1日[1])は、日本学者実業家作曲家。学位は社会科学博士(ストラスブール大学)。放送史、音楽史を専門とした。学校法人東海大学理事長、東海大学平和戦略国際研究所所長、同松前記念館館長、同文明研究所、同総合教育センター教授などをそれぞれ歴任した。東京都出身。

来歴[編集]

父は松前重義、妻澄子方の義父は池田清就。松前国際友好財団理事長[2]日本衛星放送取締役エフエム東京取締役、札幌コンサートホールKitara館長なども務め、東海大学及び東海大学系列小・中・高等学校の校歌を作曲している[3][4]

略歴[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著

  • 『クープラン―その家系と芸術』(音楽之友社、1985年)
    • 『新版 クープラン―その家系と芸術』(音楽之友社、1998年)
  • 『活力ある大学を―北海道における私の実践』(道新、1992年)
  • 『音文化とFM放送―その開発からマルチメディアへ』(東海大学出版会、1996年)
  • 『大学の日々から―現場からの教育論』(東海大学出版会、1998年)

等多数

翻訳

  • H.M.ミラー『音楽史』(村井範子、佐藤馨との共訳)(東海大学出版会、1966年)
  • E.ソーズマン『20世紀の音楽』(秋岡陽との共訳)(東海大学出版会、1993年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 訃報 松前紀男さん84歳=元東海大学長 毎日新聞2016年1月5日(2016年1月5日確認)
  2. ^ 公益財団法人松前国際友好財団「歴代理事長」(2016年1月5日確認)[1]
  3. ^ 東海大学校歌 東海大学公式サイト
  4. ^ 東海大学付属相模高等学校・中等部校歌 東海大学付属相模高等学校・中等部公式サイト
  5. ^ 『教育学術新聞』(日本私立大学協会)平成20年5月第2314号(5月7日)(2016年1月5日確認)「春の叙勲・褒章」

参考文献等[編集]

先代:
松前重義
北海道東海大学学長
第2代: 1986年 - 1991年
次代:
三原義男
先代:
松前達郎
第11代 東海大学学長
1991年11月 - 1998年3月
次代:
田中俊六