松原インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松原インターチェンジ
Matsubara IC 1.jpg
出口案内板
所属路線 E26 阪和自動車道
IC番号 11
本線標識の表記 松原 羽曳野
起点からの距離 0.9 km(松原JCT起点)
松原JCT (0.9 km)
(3.0 km) 美原北IC
接続する一般道 大阪府道2号大阪中央環状線
供用開始日 1988年3月17日
通行台数 x台/日
所在地 580-0042
大阪府松原市松ケ丘2丁目
備考 吹田方面出入口のみのハーフIC
テンプレートを表示
1974年の松原IC(現在の松原JCT)

松原インターチェンジ(まつばらインターチェンジ)は、大阪府松原市の、阪和自動車道上にあるインターチェンジである。

概要[編集]

ハーフインターチェンジとなっており、近畿道西名阪道方面の入口と、近畿道・西名阪道方面からの出口しかない。したがって和歌山方面へ行く場合、及び和歌山方面から下りる場合は近畿道長原ICまたは美原南ICを利用することになる。

インターチェンジ開設時から長く料金所が無人かつETCの無線設備も設置されていなかった(料金徴収箱が置かれているのみ)。このため、本来なら支払うべき料金(普通車220円。2017年6月3日改訂時)[1]を支払う車両がほとんどいない状態が放置されていた。

NEXCO西日本では、この無料通行の状態を解消するため、2019年9月2日から有人ブースおよびETC設備の運用を始める[2]

道路[編集]

接続する道路[編集]

周辺[編集]

  • 松原市役所

[編集]

E26 阪和自動車道
(10) 松原JCT - (11) 松原IC - (12) 美原北IC

脚注[編集]

  1. ^ 長原ICまで走行する場合および阪神高速14号松原線に流入する場合。なお当ICから流入して近畿道八尾TB以北または西名阪道と連続して走行する場合、区間料金は発生しない(松原JCTからの流入として料金が計算されるため)。
  2. ^ “E26 近畿自動車道・阪和自動車道 長原IC・松原ICにおいて料金所の運用を開始します” (プレスリリース), 西日本高速道路株式会社, (2019年7月26日), https://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/kansai/r1/0726a/ 2019年8月31日閲覧。 

関連項目[編集]