松原光二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松原 光二まつばら こうじ1937年5月[1]- 没年不明[2])は、日本の元俳優東京都出身[1]。本名は、松原 光一[1]。旧芸名・松原 緑郎

来歴・人物[編集]

明治学院大学英文科を中退後、1959年に新東宝に入社[1]。松原緑郎の芸名で映画デビューする。新東宝では二枚目スターとして幾つか作品で主演を果たすも、1961年に新東宝は倒産。1962年に松竹に入社[1]し、松原光二に改名。その後フリー[1]となり、テレビに活躍の場を移す。

刑事ドラマ特別機動捜査隊』で共演した北原隆高島新太郎滝川潤とフォア・ジャスメンというユニットを結成しレコードデビューをしたこともあった。

テレビではレギュラーを数本持つなどしていたが、後年は悪役や端役が多くなり、役者の表舞台から姿を消した。

出演[編集]

映画[編集]

  • 太陽と血と砂(1960年、新東宝)
  • 高原の掠奪者(1960年、新東宝)
  • 社長野郎ども(1960年、新東宝)
  • 激闘の地平線(1960年、新東宝)
  • 桃色の超特急(1961年、新東宝)
  • 私は嘘を申しません(1961年、新東宝)
  • あいつばかりが何故もてる(1962年、松竹)
  • 不完全結婚(1962年、大蔵)
  • 昭和残侠伝 死んで貰います(1970年、東映
  • 不良番長 手八丁口八丁(1971年、東映)

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 「福島民報」 1969年9月1日。
  2. ^ “Twitter”. Twitter. (2019年2月4日). https://twitter.com/TOKEIWOTOMETE/status/1092003870924955648 2019年2月4日閲覧。