松原治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

松原 治(まつばら おさむ、1917年大正6年〉10月7日 - 2012年平成24年〉1月3日)は、日本実業家紀伊國屋書店名誉会長などを務めた。

略歴[編集]

山口県佐波郡徳地町(現在の山口市)に軍人の息子として生まれる。のちに父は電柱の銘板を取り扱う会社を経営していた[1]

大阪市築港尋常高等小学校を卒業した1930年(昭和5年)、大阪府立市岡中学校(旧制)に入学[2]旧制浪速高等学校を経て東京帝国大学法学部に進む。同期に中曾根康弘がいた。

卒業後は南満洲鉄道に入社するも召集を受け、陸軍経理学校を首席卒業。中国各地を転戦し、陸軍主計中尉として太平洋戦争の敗戦を迎える。

復員後、1946年大蔵省の子会社の日本塩業に取締役業務部長として入社。1950年、東大の先輩の亀井茲建の招きで紀伊國屋書店に入社。大番頭として田辺茂一を補佐し、紀伊國屋書店の事業拡大に貢献した。

1970年代表取締役専務に就任。1980年に代表取締役社長、1999年平成11年)に代表取締役会長を兼任[2]2002年代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)。2010年に代表取締役会長兼CEOを退任し、名誉会長へと退いた[3]が生涯現役として影響力を保持し続けた。

2009年まで紀伊国屋演劇賞選考委員を務めた[4]

2012年1月3日、心不全のため死去[3][4][5]。94歳没。

人物[編集]

紀伊国屋演劇賞の受賞者は、つかこうへい井上ひさし野田秀樹鴻上尚史らで、演劇の発展に貢献した。受賞者のひとり井上は遅筆のため、紀伊国屋ホールでの公演も初日が延びたり中止になったこともあったが、松原は紀伊国屋書店の社長として「井上先生だから待て」と指示。次の公演でホールを貸しており、「良質な演劇を提供したい」という信念を持っていた[6]

著書[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]