松原神社秋季大祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松原神社秋季大祭(まつばらじんじゃしゅうきたいさい)は、兵庫県尼崎市の浜田町にある神社で行われる秋祭り。

主催は松原神社太鼓保存会。

歴史[編集]

  • 1983年(昭和58年) - 松原神社太鼓保存会 初代会長 赤川昇により、秋祭りを復活させる計画が組まれ、神社境内での練習開始、及び会員の募集を行う。
  • 1985年(昭和60年)
    • 10月11日から13日までの3日間、梵天太鼓の初巡行が行われる。
    • この年が復興元年となる。
  • 1986年(昭和61年)
    • 赤川昇から小寺清兵衛に会長が代わり、2代目となる。
    • 子どもだんじりが初巡行を行う。
  • 1988年(昭和63年) - 寺田佑治が3代目会長となる。
  • 1989年(昭和64年) - 昭和天皇崩御により、祭りの中止。
  • 1996年(平成8年) - 寺井一磨が4代目会長となる。
  • 2000年(平成12年) - 久保賢治が5代目会長となる。
  • 2004年(平成16年)
    • 桑山新一が6代目会長となる。
    • 台風により、1日順延となる。
  • 2006年(平成18年) - 台風により1日順延となる。
  • 2008年(平成20年) - 渡瀬久男が7代目会長となる。
  • 2010年(平成22年) - 雨天により1日順延となる。
  • 2012年(平成24年) - 井辺恒美が8代目会長となる。
  • 2014年(平成26年) - 文化庁文化遺産地域活性化事業の助成金申請を行う。
  • 2015年(平成27年)
    • 助成金が採択される[1]
    • 梵天太鼓台の復元新調及び子どもだんじり一部補正を行う。
  • 2016年(平成28年)
    • 赤川孝平が9代目会長となる。
    • 梵天太鼓台、子どもだんじりの入魂式を行う。

梵天太鼓台[編集]

松原神社の白装束に身を固め、神社にお参りし、禊をして、身を清めて安全運行と町民一人一人の幸せを祈願する。

太鼓台を曳き、担ぎ、叩くのは町内の男子。

子どもだんじり[編集]

子どもだんじりの乗子は中学生以下の男女。

法被を着て、太鼓・平鐘・釣鐘を叩いて町内を巡行する。

脚注[編集]

[ヘルプ]