松原聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松原 聡
Satoru MATSUBARA
生誕 1954年11月 (64歳)
日本の旗 日本東京都
研究機関 東洋大学
研究分野 経済政策
母校 筑波大学
テンプレートを表示

松原 聡(まつばら さとる、1954年11月 - )は、日本の経済学者。専門は経済政策学。東洋大学副学長・教授博士(経済学)筑波大学、1996年)[1]

民主党政権下で厚生労働省長妻昭大臣)独立行政法人公益法人等整理合理化委員会委員。

略歴[編集]

その他の役職[編集]

著書[編集]

  • 『人口減少時代の政策科学』 岩波書店、2004年2月。ISBN 9784000270427[10]
  • 『90ページでもわかる日本経済』 サンマーク出版、2003年。
  • 『なぜ日本だけが変われないのか―ポスト構造改革の政治経済学』 ダイヤモンド社、2002年6月。ISBN 9784478231227
  • 既得権の構造―「政・官・民」のスクラムは崩せるか』 PHP研究所、2000年9月。ISBN 9784569612959
  • 『IT革命が見る見るわかる』 サンマーク出版、2000年4月。ISBN 9784763193162
  • 『民営化と規制緩和―転換期の公共政策』 日本評論社、1991年4月。ISBN 9784535579460[11]
  • 『超ダイジェスト これならわかる!「郵政民営化」』 中央経済社、2005年11月。ISBN 9784502595301

テレビ・ラジオ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 学位論文 『民営化と規制緩和―転換期の公共政策』
  2. ^ 「お薦め講師紹介」SEIWA
  3. ^ [1]慶応義塾大学
  4. ^ 「松原 聡」東洋大学
  5. ^ 武雄市図書館デジタル化推進協議会”. 2015年2月1日閲覧。
  6. ^ “さが教育新流 武雄市の「反転授業」検証”. 佐賀新聞. (2014年5月17日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/64446 
  7. ^ ニュース - 武雄市が全小中生4000人にタブレット配布へ:ITpro” (2013年5月9日). 2015年2月1日閲覧。
  8. ^ タブレットPCを使った佐賀県武雄市のスマイル学習(反転授業)の検証研究会を実施しました”. 東洋大学. 2015年2月1日閲覧。
  9. ^ 武雄市議会H30 11 28 一般質問 江原一雄 01. (2018年11月28日). 該当時間: 2m50s. https://www.youtube.com/watch?v=BBsuTSvFTnU#t=2m50s 2018年12月19日閲覧。 
  10. ^ 尾上賞受賞
  11. ^ 国際公共経済学会賞・公益事業学会奨励賞受賞