松原誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
松原 誠
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県飯能市
生年月日 (1944-01-13) 1944年1月13日(77歳)
身長
体重
184 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 1962年
初出場 1962年4月15日
最終出場 1981年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 横浜大洋ホエールズ (1982 - 1984)
  • 読売ジャイアンツ (1985 - 1991)
  • 広島東洋カープ (2001 - 2003)
  • 横浜ベイスターズ (2004)

松原 誠(まつばら まこと、1944年1月13日 - )は、埼玉県飯能市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ解説者

経歴[編集]

6人兄弟の末っ子に生まれ、飯能高校時代は体は大きいが非力で鈍足、特技は強肩と変化球が打てることであった[1]。3年次の1961年夏の甲子園県予選で準決勝に進出するが、熊谷商工に敗退。1962年大洋ホエールズ捕手として入団。1年目は4月15日中日戦(川崎)で9回裏に島野雅亘の代打で初出場し、5月8日の中日戦(中日)に8番・捕手で初先発出場を果たすと、7回表に板東英二から初安打を放つ。周囲からプロでは通用しないと言われ、初安打を打った時は嬉しくて母に手紙を書き、母は死ぬまでその手紙を持っていた[1]。33試合で先発マスクを被るが、捕手としての能力に限界を感じて1963年に一塁手へ転向。3年目の1964年4月12日国鉄戦(東京)で2回表に金田正一から適時二塁打を打って初打点、5月6日阪神戦(甲子園)で3回表に村山実から左中間へソロ本塁打を打って初本塁打を記録。岩本尭コーチのマンツーマン指導で主力打者に育ち[2]1965年には中堅手に回った近藤和彦の後継として定位置を獲得し、75試合に先発出場。1966年には初の規定打席に達し、リーグ9位の打率.294と活躍。同年から1972年までオールスター7年連続出場を果たし、1967年にはディック・スチュアートが入団。シーズン前半は外野手に回り、6月からは三塁手を兼ねて桑田武と併用される。1968年には監督の別当薫との軋轢もあって桑田がレギュラーから外され、結果として三塁手に定着。同年は28本塁打を放ち、1969年は開幕から四番打者として起用される。1970年には9月2日広島戦(川崎)で7回表に白石静生からソロ本塁打で100本塁打を達成し、シーズンでも30本塁打を放ち、同年から8年連続20本塁打以上を記録。長打力のあるスラッガーとして、低迷していたチームの四番として活躍する。1971年に一塁手へ再転向し、シーズン初めには左手首を骨折したが、激痛に1年間耐えた[1]8月29日巨人戦(後楽園)に5番・三塁手で先発し、史上153人目の1000試合出場を達成。1972年にロッテから移籍してきた江藤慎一を参考に打撃を改良し、8月31日の巨人戦(後楽園)で1回表に堀内恒夫から右越先制3ラン本塁打を打って史上34人目の150本塁打を達成。1973年4月22日の巨人戦(川崎)で8回裏に小川邦和からソロ本塁打を打って史上82人目の1000本安打、1974年にはオールスターに2年ぶりの出場を決め、1976年まで3年連続出場を果たす。1974年は10月14日のヤクルト戦(川崎)では5回裏に会田照夫からソロ本塁打を打って史上20人目の200本塁打を達成し、リーグ3位の打率.317と初めて3割を超える。打撃タイトルには縁がなかったが、長きにわたりチームリーダーとして選手を率いる。同年からは初の最多安打を記録し、1975年オールスターゲーム第2戦では、7回に村田兆治から代打逆転2ラン本塁打を放ちMVPに輝いた。同年8月21日のヤクルト戦(宮城)に3番・一塁手で先発し、史上49人目の1500試合出場を達成。1976年は6月1日から2日の2日間にかけて阪神戦(川崎)で4打数連続本塁打を打ったが、阪神の吉田義男監督が「誰か打たれねえのはいねえのか」と叫んだ[1]。この時に松原はティー打撃で涙が出るほどボールを縫い目までぎゅっと見た成果か、ボールが止まって見え、ガーンと振ると本塁打になった[1]7月11日の広島戦(広島市民)には8回表に佐伯和司から左前安打を打って史上31人目の1500本安打、8月17日の中日戦(ナゴヤ)で4回表に堂上照から左越ソロ本塁打を打って史上12人目の250本塁打を達成。1977年には自己最高の34本塁打。1978年には本拠が狭い川崎球場から横浜スタジアムに移ったため、本塁打が少なくなると思って打率狙いに切り替えた[1]6月8日の広島戦(横浜)で1回裏に高橋里志から左翼へ先制適時二塁打を打って史上12人目の1000打点、7月6日のヤクルト戦(横浜)では2回裏に鈴木康二朗からソロ本塁打を打って史上11人目の300本塁打を達成。アウトコースが得意で後ろの軸足の踵を上げないのがコツであり、自己最高で2度目の3割超えとなるリーグ3位の打率.329を記録し、当時のセ・リーグ記録である45二塁打を達成[1]。2年ぶりにオールスター出場も決めるが、この年が最後となった。1979年8月12日の巨人戦(後楽園)で5回裏に基満男に代わって一塁に入り、史上14人目の2000試合出場を達成。1980年には4月23日の阪神戦(横浜)で1回裏に長谷川勉から左越3ラン本塁打を打ち、史上12人目の通算2000安打を達成[3]。大洋時代の通算2081安打、通算330本塁打、通算1172打点はいずれも球団記録である。2000安打達成時点での優勝経験無しは土井正博に次いで史上2人目であった。この年は代打で四球を挟み7打数連続安打で8打席連続出塁を記録したが、若い頃は2ストライクになるとドキドキで心がマイナスになったが、経験を重ねるにつれて気にならなくなった[1]日本プロ野球選手会を社団法人化させ、選手会長として選手の先陣に立ち球団と幾度と無く議論を重ねてきた。その活動が球団に忌避されたこともあり、同年に引退の予定であったが、読売ジャイアンツに誘われた。監督の藤田元司に「巨人の一塁手はこれまで2人で賄った。その後できるのは松原しかいない」と川上哲治王貞治の後継者と口説かれ[1]1981年古賀正明との交換トレードで巨人へ移籍。この際に「巨人に移籍しても嬉しくない、大洋で優勝するのが目標だった」と会見で涙したが、同年に巨人で自身初で唯一のリーグ優勝、日本シリーズ優勝を経験。大洋では1年目の1962年と3年目の1964年に阪神との優勝争いを経験したが、チームは共に2位に終わっている。日本ハムとの日本シリーズでは第1戦の9回裏に代打で登場し、抑えの切り札である江夏豊より生涯最後の本塁打を放った。同年限りで現役を引退。

引退後は監督関根潤三に請われて、古巣・大洋に一軍打撃コーチ(1982年 - 1984年)として復帰し、高木豊屋鋪要の打撃開眼に一役買った。1985年から1986年まで巨人二軍打撃コーチ、1987年から1991年まで巨人一軍打撃コーチを務めた。巨人コーチ時代指導した選手の調子を落としてしまったことから、「壊し屋」と呼ばれたが、実際は周囲が言うほど指導力は悪くなかったと言われている。松原の指導で打撃が開花した駒田徳広[4]は、楽天の打撃コーチに就任する際に「理想の打撃コーチ像は松原誠さん」とコメントしている。ただ、選手個々にあまりにも高い理想を求めてしまったことが選手の混乱を招いたとされ、1988年に「アジアの大砲」と呼ばれ華々しくデビューしながらその後伸び悩んだ呂明賜が松原の指導を批判していた。但し、呂自身が同年の後半からすでに伸び悩んでいた。1980年代の巨人は投手陣のレベルが非常に高く、一般に「投高打低」のチームと見られていたことも打撃コーチとしての評価を下げる一因となった。巨人退団後は文化放送テレビ神奈川野球解説者(1992年 - 2000年)を経て、名球会の活動で親交を深めた監督山本浩二の招聘で、2001年から2003年まで広島東洋カープ一軍チーフ兼打撃コーチ(ヘッド格)を務めた。1990年代以降の広島では数少ない他球団出身者であった[5]2004年には監督山下大輔の下で20年ぶりに古巣に復帰し、横浜一軍ヘッド兼打撃コーチを務めた。2005年からは文化放送・テレビ神奈川野球解説者に復帰したが、2011年9月10日の「ホームランナイター」を最後に文化放送のナイター中継に出演していない。tvkプロ野球中継 横浜DeNAベイスターズ熱烈LIVEでは年に一度の相模原球場での試合の解説が恒例になっている。解説業の傍ら、2009年2010年には韓国プロ野球起亜タイガース臨時インストラクターを務め、日本での春季キャンプや、シーズン中は韓国に招かれて打者たちを指導した。

選手としての特徴[編集]

投手以外の全てのポジションを経験している。また、一塁で内野手の送球を受ける際に行った“タコ足”と呼ばれた捕球スタイルは王貞治を意識して行っていたものである。[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 大洋 34 35 31 4 6 1 0 0 7 0 0 0 0 0 4 0 0 12 1 .194 .286 .226 .512
1963 11 17 17 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 .176 .176 .176 .353
1964 78 114 102 12 27 6 2 1 40 7 1 1 2 0 10 0 0 14 7 .265 .330 .392 .723
1965 125 338 310 38 75 19 2 6 116 29 3 3 3 1 22 0 2 35 11 .242 .296 .374 .670
1966 129 516 477 49 140 32 2 10 206 56 3 3 3 7 27 4 2 54 6 .294 .329 .432 .761
1967 126 451 409 41 101 28 0 14 171 58 5 6 2 1 36 0 3 65 15 .247 .312 .418 .730
1968 133 565 515 81 143 24 2 28 255 86 14 7 0 2 42 0 6 65 18 .278 .338 .495 .833
1969 130 546 493 53 125 23 1 18 204 67 2 6 0 4 48 2 1 46 11 .254 .319 .414 .732
1970 128 515 455 73 128 14 0 30 232 85 4 6 1 3 50 2 6 71 14 .281 .358 .510 .868
1971 129 520 465 58 114 19 1 23 204 65 5 4 0 3 49 5 3 41 12 .245 .319 .439 .758
1972 130 546 495 69 134 27 0 25 236 74 3 2 0 5 42 0 4 41 16 .271 .330 .477 .806
1973 130 538 507 55 141 24 0 24 237 78 3 0 0 8 19 1 4 54 20 .278 .305 .467 .772
1974 128 535 496 74 157 26 2 21 250 83 9 4 1 8 28 1 2 24 13 .317 .350 .504 .854
1975 126 526 486 68 136 23 0 23 228 83 9 2 0 3 36 0 1 40 14 .280 .329 .469 .798
1976 126 522 478 67 138 25 2 33 266 85 6 5 0 8 36 3 0 41 10 .289 .333 .556 .890
1977 129 568 516 87 146 26 1 34 276 110 5 5 1 3 45 4 3 45 10 .283 .342 .535 .877
1978 129 551 499 70 164 45 0 16 257 91 4 2 0 9 39 5 4 36 14 .329 .376 .515 .891
1979 122 470 428 55 114 22 0 13 175 62 4 2 0 3 35 6 4 26 9 .266 .326 .409 .734
1980 111 357 340 33 89 21 0 11 143 53 2 1 0 1 15 2 1 24 9 .262 .294 .421 .715
1981 巨人 36 67 60 3 14 0 0 1 17 8 0 0 0 1 4 0 2 3 5 .233 .299 .283 .582
通算:20年 2190 8297 7579 991 2095 405 15 331 3523 1180 82 59 13 70 587 35 48 739 217 .276 .330 .465 .794
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • 最多安打(当時連盟表彰なし):2回(1974年、1978年)

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1970年9月2日、対広島東洋カープ18回戦(川崎球場)、7回表に白石静生からソロ
  • 1000試合出場:1971年8月29日、対読売ジャイアンツ23回戦(後楽園球場)、5番・三塁手で先発出場 ※史上153人目
  • 150本塁打:1972年8月31日、対読売ジャイアンツ22回戦(後楽園球場)、1回表に堀内恒夫から右越先制3ラン ※史上34人目
  • 1000安打:1973年4月22日、対読売ジャイアンツ2回戦(川崎球場)、8回裏に小川邦和からソロ ※史上82人目
  • 200本塁打:1974年10月14日、対ヤクルトスワローズ25回戦(川崎球場)、5回裏に会田照夫からソロ ※史上20人目
  • 1500試合出場:1975年8月21日、対ヤクルトスワローズ18回戦(宮城球場)、3番・一塁手で先発出場 ※史上49人目
  • 1500安打:1976年7月11日、対広島東洋カープ12回戦(広島市民球場)、8回表に佐伯和司から左前安打 ※史上31人目
  • 250本塁打:1976年8月17日、対中日ドラゴンズ19回戦(ナゴヤ球場)、4回表に堂上照から左越ソロ ※史上12人目
  • 1000打点:1978年6月8日、対広島東洋カープ9回戦(横浜スタジアム)、1回裏に高橋里志から左翼へ先制適時二塁打 ※史上12人目
  • 300本塁打:1978年7月6日、対ヤクルトスワローズ13回戦(横浜スタジアム)、2回裏に鈴木康二朗からソロ ※史上11人目
  • 2000試合出場:1979年8月12日、対読売ジャイアンツ17回戦(後楽園球場)、5回裏に基満男に代わり一塁手で出場 ※史上14人目
  • 2000安打:1980年4月23日、対阪神タイガース4回戦(横浜スタジアム)、1回裏に長谷川勉から左越3ラン ※史上12人目
その他の記録
  • 4打数連続本塁打:1976年6月1日 - 6月2日
  • 大洋ホエールズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)時での通算2081安打 ※横浜DeNAベイスターズ球団記録
  • 通算330本塁打 ※横浜DeNAベイスターズ球団記録
  • 通算1172打点 ※横浜DeNAベイスターズ球団記録
  • 2000安打達成時点での優勝経験なし ※土井正博に次いで史上2人目
  • オールスターゲーム出場:11回(1966年 - 1972年、1974年 -1976年、1978年)

背番号[編集]

  • 38 (1962年 - 1964年)
  • 25 (1965年 - 1981年)
  • 72 (1982年 - 1984年)
  • 76 (1985年 - 1988年)
  • 75 (1989年 - 1991年)
  • 71 (2001年 - 2003年)
  • 99 (2004年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 佐賀新聞Live <名球会リレーコラム>元大洋・松原誠氏 目力で4打数連続本塁打
  2. ^ 『巨人軍の男たち』159頁
  3. ^ 2006年のシーズン途中、横浜スタジアムの右中間スタンドの最前列に松原の2000安打達成を記念するプレートが、200勝達成の平松政次のもの、同じく2000安打を達成した駒田徳広石井琢朗のもの、250セーブ達成の佐々木主浩のものと共に飾られた(2012年よりライトスタンド後方に移動し、現在は2013年に2000安打を達成したアレックス・ラミレス中村紀洋のプレートも加わった)。
  4. ^ 決意した脱“荒川方式”
  5. ^ 1970年代までは、他球団出身の監督・コーチが相当数在籍したが、Aクラスの常連となった1980年代以降、生え抜きまたはそれに準じる立場の広島OBを中心に構成されるようになった。
  6. ^ 【4月23日】1980年(昭55) テスト生から19年 松原誠 無冠の帝王の2000本安打”. スポーツニッポン新聞社 (2010年4月1日). 2020年4月29日閲覧。

関連項目[編集]