松塚駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松塚駅
Matsuzuka stn.jpg
まつづか
Matsuzuka
D25 大和高田 (1.9km)
(1.0km) 真菅 D27
所在地 奈良県大和高田市松塚24-2
駅番号  D26 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 D 大阪線
キロ程 31.8km(大阪上本町起点)
電報略号 マツツ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
615人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1925年大正14年)3月21日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示

松塚駅(まつづかえき)は、奈良県大和高田市松塚にある、近畿日本鉄道(近鉄)大阪線である。駅番号はD26

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ盛土上の地上駅。駅舎(改札口)は1番ホーム側の大和八木寄りにある。改札口は1ヶ所のみ。ホーム有効長は6両。待合室は設置されていない。

かつて当駅最寄りの奈良県立高田東高等学校生徒が利用する専用改札が設けられていたが、同高校は2005年平成17年)に県立広陵高校と統合、奈良県立大和広陵高等学校となって移転となり、現在はその学生専用改札が使用される事は無くなった。

大和高田駅管理の無人駅で、PiTaPaICOCA対応の自動改札機および自動精算機回数券カードおよびICカードのチャージに対応)が設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 D 大阪線 下り 大和八木榛原名張伊勢志摩名古屋方面
2 D 大阪線 上り 大和高田布施大阪上本町大阪難波尼崎神戸三宮方面

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[4]

  • 2015年11月10日:1,299人
  • 2012年11月13日:1,298人
  • 2010年11月9日:1,212人
  • 2008年11月18日:1,288人
  • 2005年11月8日:1,624人

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度別一日平均乗車人員[5]
年度 1日平均
乗車人員
1995年(平成7年) 1,142
1996年(平成8年) 1,061
1997年(平成9年) 951
1998年(平成10年) 893
1999年(平成11年) 875
2000年(平成12年) 843
2001年(平成13年) 858
2002年(平成14年) 827
2003年(平成15年) 795
2004年(平成16年) 786
2005年(平成17年) 714
2006年(平成18年) 683
2007年(平成19年) 628
2008年(平成20年) 602
2009年(平成21年) 546
2010年(平成22年) 562
2011年(平成23年) 584
2012年(平成24年) 616
2013年(平成25年) 638
2014年(平成26年) 620
2015年(平成27年) 607
2016年(平成28年) 615

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
D 大阪線
快速急行・急行
通過
準急・区間準急・普通
大和高田駅 (D25) - 松塚駅 (D26) - 真菅駅 (D27)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山本和良(2015年3月13日). “なつかしの鉄道展:近鉄駅・開業90周年 SL写真やジオラマ300点 あす、あさって−−大和高田”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7。
  3. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月9日閲覧。 
  4. ^ 駅別乗降人員 大阪線 - 近畿日本鉄道
  5. ^ 奈良県統計年鑑

関連項目[編集]